「ヤバい女になりたくない」そうおっしゃるあなた。有名人の言動を鋭く分析するライターの仁科友里さんによれば、すべてのオンナはヤバいもの。問題は「よいヤバさ」か「悪いヤバさ」か。この連載では、仁科さんがさまざまなタイプの「ヤバい女=ヤバ女(ヤバジョ)」を分析していきます。

第75回 上原多香子

 元SPEEDの上原多香子が、自身のインスタグラムで美容家への転身を発表しました。
彼女は過去に大手化粧品会社のコマーシャルにも出ていましたが、2児の母となり、来年40歳となる今も変わらぬ美貌を保っていますから、美容との相性はよさそうです。でも、美容家となるとどうでしょうか。

 日本が誇る美容家と言えば、たかの友梨さん、IKKOさん、君島十和子さんが思い浮かびます。彼女たちの来し方に、美容家として成功するコツが隠れているように思いますので、書き出してみましょう。

美容家に求められるビジネス手腕や専門知識

(1)一番大事なのは、売り上げ

 美容家というとセンスが必要な職業だと思われがちですが、そこはビジネスですから、一番大事なのは売り上げです。

 2017年3月11日放送の『お客さまと10人』(フジテレビ系)では、IKKOさんの収入に対するからくりが垣間見えてきます。IKKOさんは化粧品をプロデュースしていますが「化粧品は私のほうには全部入ってこない。プロデュース料といっても、そこまでは……」と明言は避けたものの、「通常の人の倍くらいのパーセンテージ」と破格の待遇を受けていることがわかります。その特別扱いの理由は、なんといっても売り上げ。「通販番組の時間帯がよかったら1時間で5000万円以上いきます」「今までの最高は5時間で3億円くらい」なのだそうです。美容家はプロデュースして終わりではなく、化粧品を売る能力も求められるわけです。その代わりと言っては何ですが、売れればプロデュース料も通常の人の倍くらいになるし、通販番組でもいい時間帯に出演させてもらって、さらに売り上げが見込めるのでしょう。

 君島十和子さんは、夫である君島誉幸氏とコスメブランド「FTC」を立ち上げています。十和子さんは化粧品の開発の際、いい成分はどんどん入れたくなるタイプだそうですが、そうするとどうしても商品の値段が上がってしまいます。誉幸氏に「何万円もするクリームを、何人の人が買うの?」とたしなめられたことを2016年6月26日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)で明かしていましたが、いいものを作ることと、売れることは別というというビジネスの難しさがうかがえます。

(2)専門知識

 女優やモデルであれば、きれいにしてもらって表舞台に出るのがお仕事ですが、美容家は知識が求められます。たかの友梨センセイはエステティックという概念がなかった時代にフランスに留学してフェイシャルをマスターしてきたパイオアニアですし、最近はタレントとしてのイメージも強いIKKOさんは、石橋貴明のYouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」で、化粧品と手技でADの女性を韓国の女優のような透明感ある肌に変化させています。君島さんも美容雑誌の常連で、新しい美容法、美容スポットの知識量の多さに驚かされます。