「私は38歳なんですけど、そういうタイミングで何かが花咲いて、また頑張ろうって思えたりしますね」

 と語ったのは、女優の松本若菜(38)。9月1日、「ビックカメラグループ」の記者発表会見での発言だ。彼女は今年4~6月期の連ドラ『やんごとなき一族』(フジテレビ系)で、ヒロインをいじめる兄嫁役を怪演。SNS上では「松本劇場」と呼ばれて、盛り上がった。

「この雨後のたけのこが! 人の家にずうずうしくのこのこのこのこニョキニョキニョキニョキタケノコタケノコニョッキッキーと生えてきやがって!」

 と、早口言葉みたいにまくしたてたり、変顔や替え歌でイライラさせたり。おかげで街を歩いていても「きゃー」という声が上がるようになったという。本人は、「怖いほうの『きゃー』なのか、どっちなのかなと思って」

 と言うが、まんざらでもなさそうだ。

遅咲き女優たち、苦労をバネに

 そんな彼女、デビュー翌年にもプチブレイクを経験している。2008年「吉本芸人が全員一目惚れしたうなぎ屋の看板美女」として『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演。実は地元の島根から上京して、演技の勉強をしながら、新宿にある吉本の劇場近くのうなぎ屋でアルバイトしていたのだ。

 いきなり幸運にも恵まれたのに「遅咲き」となったのはなぜなのか。その理由のひとつに「顔」があるかもしれない。若いころから美人だったものの、大人びた顔立ちが災いしたのではないか。

 そういう例は過去にもあり、浅野ゆう子(62)がそうだった。14歳のとき『太陽にほえろ!』(日本テレビ系)の「お茶くみ」役で女優デビュー。大人びた容姿ゆえ、役には合っていたが「中学生が警察で働くのはおかしい」とクレームがついた。このため、1年間の予定が3か月で降板するハメに。役柄が顔に追いつき、トレンディードラマブームで大ブレイクするのは、27歳になってからだ。

浅野ゆう子

 かと思えば「声」が原因でくすぶった人も。松本まりか(37)だ。

 デビュー作はメインキャラのひとりを演じた連ドラ『六番目の小夜子』(NHK教育)。15歳で好スタートを切ったが、その後はオーディションで落ちまくる日々が続いた。ブレイク後に出演した『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)では、マネージャーとのこんなやりとりを振り返っている。

「『私何で仕事ないんですかね?』みたいなこと聞いたら『まぁちょっと「声がね……」って言われた』と。映像のプロデューサーさんに」

 それでも、22歳のとき、その個性的な声でチャンスが訪れる。アニメ『シュガシュガルーン』(テレビ東京系)の主演声優に抜擢。原作者の漫画家・安野モヨコの強い推しによるものだった。

 また、26歳のときには演技を学ぶためにロンドンに留学。スキルを磨いたことで、声も含めた個性を活かせるようになっていく。

 さらに、彼女の場合、性格も幸いしたようだ。ネット記事の著者に対し、SNSで感謝を伝えたり、フォローしたり。何を隠そう、筆者もこれでますますファンになった。こういう人は業界内でも好かれるものだ。