9月13日に放送された、Snow Manの冠番組『それSnow Manにやらせて下さい1時間SP』(TBS系)のダンス対決企画で、ドラマの収録などで忙しく練習に参加できなかった、目黒蓮(25)へのメンバーの気づかいが多くの視聴者の胸を打ったようだ。

『それスノ』ゴールデン進出

 今回の放送は、グループ初となるプライム帯での特番で、“9人ダンス日本決定戦”と題し、世界的ダンサー兼振付師のTAKAHIRO(41)率いるダンス最強芸能人チーム、今年の全国高等学校ダンス部選手権で優勝した山村国際高等学校ダンス部と、Snow Manのメンバーがダンスバトルを繰り広げるというもの。

当記事は「日刊大衆」(運営:双葉社)の提供記事です

 対決チームの発表から決戦の日まで、練習期間は3週間あったが、Snow Manが練習を開始したのは本番の10日前。さらに、それぞれの仕事の関係上、メンバーが全員で集合できるのは、本番までに2回しかないという大きなハンデが。目黒は「1回1回をけっこう大事にやらないと。本気出してがんばります」と気合を入れていた。

 しかし、本番が翌日に迫った2回目の全体練習を目黒は欠席。仕事が忙しく参加できなかったため、当日の朝、他のメンバーより2時間早く学校に入り、振り付けを確認。スタッフに「今100点中何点?」と問われると「20点」と答え、「これメンバーとやると、めっちゃ景色変わる」と、メンバーと練習ができなかった不安を吐露した。

 そして、目黒が「いったん休憩しますか」と、ひと息ついたとき、集合1時間前にメンバーがサプライズ合流。佐久間大介(30)が「おまえだけ練習させるわけねぇだろ!」と声を掛けると、目黒はカメラに向かって、「今から休憩しようとしてたこと言わない方がいいよね?」と照れ笑いを浮かべていた。

 また、スタジオでVTRを見ていた目黒は「来てくれたんだ」と、涙ぐんで当時を思い出している様子。喜びを噛みしめているような表情でモニターを見つめていた。そんなリアクションに、阿部亮平(28)は「スゴい気にかけてたんだ」と、目黒の気づかいをあらためて知り、メンバーたちは目を合わせて笑顔を浮かべていた。

 初めて9人が揃って通しのリハーサルをしたのが、本番の2時間前という、圧倒的に不利な状況のSnow Manだったが、本番ではジャニーズ最強ダンスグループとして、息の合ったパーフェクトなダンスを披露。審査員長のSAM(60)が「想像を遥かに超える見せ方」と絶賛し、見事優勝を掴み取った。

 視聴者のツイッター上での反響は、「目黒君のパフォーマンス、忙しい中であそこまで仕上げたのはスゴいと思った。結果が発表されたときに目が潤んでいたのは、足を引っ張ってはいけないとのプレッシャーの上で、きちんと出来たからだったのかなと思う」などと、ピンチを乗り越えた目黒の努力に称賛の声を寄せていた。