9月の半ばでも夏日が続く沖縄県名護市。その市内のとある高級リゾートホテルのプールサイドで、ベビーカーを押しながら子どもを連れて歩く熊田曜子が目撃された。

「このホテルは2007年に彼女と島田紳助氏が密会したと週刊誌に報道された因縁のある場所なんです。仕事で訪れたのかもしれませんが、夫のAさんとの間で不倫を巡ってのドロ沼裁判を抱えている中、子どもを連れていくような場所ではないと思います」(スポーツ紙記者)

 騒動の発端は昨年5月。熊田が夫のAさんからDVを受けたとして警察に通報したことから始まる。

「逮捕されたAさんは釈放後、メディアを通して暴行は一切していないと主張。併せて、熊田さんを疑って以前から集めていた不倫を裏付ける証拠の存在を明かしました。その後の昨年10月には熊田さんと、彼女と関係があったとされるキー局プロデューサーで、フリーアナウンサー平井理央の夫Bさんの両名が不倫関係であるとして、民事訴訟を起こしたんです」(同・スポーツ紙記者)

 Aさんは証拠として不倫をにおわせる熊田の手帳の記述や電話の音声を提出。さらには熊田が所有していた大人のおもちゃに付着していた体液と、独自の調査で採取したBさんのDNAを鑑定し、それらの同一性が確認された鑑定書などを用意したことも報道されている。

数々の証拠が提示されながらも、熊田さんもBさんも共に不倫関係を否定。当初、裁判は長期化すると考えられていました」(同・スポーツ紙記者)

 しかし、Aさんの知人が語るには、決着の兆しが見え始めているという。

「現在、熊田さんは不貞に関する裁判でBさんともども追い詰められて焦っているようですよ。今年8月中旬に熊田さんがAさんを、子どもを交えた食事会に誘うといった歩み寄りがあったとされていますが、それも裁判が不利と予想しての懐柔策でしょう

熊田の手帳に記された“ハートマーク”

 いったい法廷ではどのような争いが行われているのか。9月中旬に東京地方裁判所で公開されている裁判資料を閲覧してみると、黒塗りのページが続くものの、8月中旬の訴訟記録が一部閲覧可能に。そこには手帳のハートマークに関する記述が確認できた。

「騒動前の4月19日、Aさんは熊田さんの手帳のカレンダーにハートマークが書かれていることについて問い詰めたんです。そのときはうやむやになって終わりましたが、のちに熊田さんは友人との電話でこの一件に触れて“(手帳を)めくる手が震えたもん。ヤバっと思って”や“確実な証拠は絶対につかんでない”と話していたことも発覚。後の裁判で、このときの手帳と音声が不貞を証明する証拠として提出されたようです」(Aさんの知人)