ジャニーズ事務所の秘蔵っ子としてソロデビュー、1980年代にアイドルとして歌やドラマなど大活躍していた中村繁之さん。自主退所した1993年以降は、知られざる苦悩や葛藤もあった。55歳になった現在も、俳優をこなしつつ音楽活動にも精力的な中村さんを支えているのは、かつての恩師の言葉だったーー。

 1980年代のアイドル全盛期、ジャニーズ期待の大型新人としてデビューし、世の女子の絶大な人気を集めた中村繁之さん。近年は芝居のほか音楽活動に力を入れ、先頃バースデーライブを開催したばかり。

45歳ごろからバースデーライブを始めて、かれこれ10回近く開催しています。毎回楽しみにしてくれている方、毎年来てくれるファンもたくさんいますね。いつもスタッフがサプライズゲストを招待していて、ありがたいことに今年はブル中野さんとブッチー武者さんが参加してくださいました」

 デビューから長い月日が流れ、往年のトップアイドルもこの秋55歳の誕生日を迎えた。

 年を重ねた感慨は?

「根本的に若いころとモノの考え方は変わってなくて。子どものころに思い描いていた55歳と、55歳になった自分に差がありすぎて、数字に頭と心が追いついていかない感じかもしれません(笑)」

 芸能界入りのきっかけは、姉が送った1枚の写真。オーディションに合格し、中学2年生のときジャニーズ事務所に入所している。故・ジャニー喜多川さんには当初からことのほか目をかけられた。

ジャニーさん「すごいのが入ってきた」

ジャニーズ事務所に姉が送った中村繁之さんの“丸刈り”写真

あのころは丸刈りで、事務所に送った写真も自宅で姉が適当に撮ったもの。今見ると、よくこんなので合格したなと思うよね(笑)。でもジャニーさんは数十人といる候補者の中からなぜか僕を拾ってくれた。オーディションではみんな1人ずつ台本を読まされていたけれど、僕だけ読まずに“ユー、興味があるならレッスンに来なよ”と言われて。“スゴイのが入ってきた!”とジャニーさんが言っていたと、当時お世話になった方からずいぶん後になって聞きました」

 もともと芸能界に興味はなかったが、レッスンで同年代の少年たちが切磋琢磨する姿を目の当たりにし、持ち前の負けん気に火がついた。

ジャニーズJr.の活動は週1回日曜のレッスンが基本で、あとは誰かのコンサートがあればみんなと一緒にバックで踊って、普段は学校に行って……の繰り返し。ここで大勢のJr.と同じものを見ていても埋もれるだけ。テレビをつければ事務所の先輩たちがキラキラ活躍してる。あそこに行くためには自分は何を見るべきなんだろうと思っていました」