「想定外の部分はありますね。それだけうんこと本気で向き合ったんでしょう」

 そう笑いながら話すのは、小学生向け教材『うんこ漢字ドリル』の生みの親である古屋雄作さん。小学校1年生で習う“田”なら、“田んぼのどまん中でうんこをひろった”という具合に、例文すべてにうんこをちりばめた異例の漢字ドリル第1弾が発売されたのは、さかのぼること2017年3月。

 ママたちの「漢字の宿題が大嫌いな息子が、ゲラゲラと笑いながら自発的に漢字ドリルをやり始めた!」といった口コミが広がるや、瞬く間に話題の学習教材としてブレイク。あれから約5年─。

 現在、『うんこドリル』シリーズは、小学生だけではなく、幼児から中学・高校生向けにも広がり、絵本やマンガなどを合わせると150点以上のうんこ本をリリースするまでに成長した。その累計部数は、驚愕の1000万部(!!)に迫るほどだ。

勉強嫌いにならないために、子どもが大好きなものを学習に導入したほうが楽しんで机に向かえると思いました。その最たる例がうんこではないのかと」(古屋さん、以下同)

 その言葉どおり、漢字を皮切りに算数、理科、英語……果てはプログラミングといった令和の時代ならではの教科にもうんこ要素をトッピング。

 といっても、『うんこドリル』は単なるおふざけでひねり出しているわけではなく、どの本にも“子どもたちがうんこをきっかけに勉強に関心を持ってくれるように”という願いが込められている。

 生理的に受けつけない“食べる”“臭い”といった例文はなく、ドリルの内容も文部科学省の学習指導要領に沿って制作。学習教材としてのクオリティーも担保されているため、保護者からの支持も厚いのだ。

「いろいろなシリーズが出ましたが、計算ドリルがいちばんうんこと結びつけづらかったですね。九九って数字の暗記でしかないので、うんこが入る隙間がない(笑)。イラストを多くするなど、おまけの部分で子どもたちに楽しんでもらえるよう工夫をしました」

5年前の小学生は中高生になっている

2022年8月に発売された中高生向けの『うんこドリル漢字ハイパー』

 また、今年8月に発売されたばかりの『うんこドリル漢字ターボ』と『うんこドリル漢字ハイパー』では、中学校・高校で習得するすべての漢字を網羅した。なぜ、うんこから卒業してもおかしくないであろう、思春期真っただ中の中高生をターゲットにしようと思ったのか?

「昔から、うんこで大学受験までカバーできたらいいなという思いがありました。また、5年前に初めてうんこドリルに触れた小学生って、現在は中高生になっています

 小学生時代を懐かしんで、手に取る人もいるだろう。5年という月日があるからこそ、勉強の入り口から出口までうんこ─という学生もいるかもしれない。

誰かひとりでもハーバード大学に進学したら、“うんこでハーバード”という帯がつけられる。うんこドリルで育った子どもたちが、うんこドリルで大人になっていく。そして子どもができたとき、再びうんこが持つ面白さに触れてほしいという思いもありました」