この夏、2つのロックフェスに出演した小山田圭吾。

「昨年7月に、過去インタビューで語っていた小中学生時代の“いじめ自慢”発言が問題視され、五輪パラ開会式の音楽担当を辞退。そのまま活動休止に追い込まれました。インタビュー記事に関しては、誇張があったとの指摘もあり、小山田さんは今年5月に改めて謝罪したうえで復帰を表明しました」(音楽ライター)

 活動再開に伴って、彼が参加しているバンドのアルバムも発売された。元YMOの高橋幸宏が率いる6人組のバンド『METAFIVE』。テイ・トウワ、元電気グルーヴの砂原良徳などがメンバーとして顔をそろえる。

「音楽ファンが“奇跡のバンド”と呼ぶ豪華メンバーが集まっています。昨年8月にリリース予定だったアルバムが、小山田さんの“炎上事件”を受けて発売中止に。“お蔵入り”と思われていましたが、一転して9月14日に発売されて、オリコンのアルバムランキング5位に。ただ、いつの間にか“ラストアルバム”ということになっていました」(同・音楽ライター)

 どうやら小山田の炎上が、まだ燻っていたようで……。

アルバム発売中止に高橋の決断

「メンバーの間でも意見が割れていたんです。炎上の影響でアルバムが発売中止になったことに“ほとぼりが冷めたら出せばいい”という声や“せっかく最高に仕上げたのに、こんなケチがついた作品は出さなくていい”という人も。そういったゴタゴタを見ていた幸宏さんがキレて“揉めるならやめよう、ラストにして解散!”と決めたそうです」(レコード会社関係者)

 高橋の怒りに飛び火していた小山田の炎上。高橋の事務所に聞いてみると、

解散とは言っていなくて、この段階で区切りをつけたいということ。今後ラストシングルが出るかもしれませんし、再結成アルバムが出るかもしれません。アルバムが出たことで、いろんなオファーは殺到していますが、まだ高橋が完全な状態ではなく、ほかのメンバーに迷惑をかけられないのです」