10月20日に88歳の「米寿」を迎えられる美智子さま。赤坂御用地で誕生日を過ごされるのは、'93年以来29年ぶりとなる。

「今年4月、上皇ご夫妻は約2年間に及んだ港区高輪での“仮住まい”を終え、赤坂御用地の仙洞御所へ引っ越されました。ご結婚後、30年あまりを過ごし、3人のお子さまを育てた思い出の地で、穏やかに祝われるのではないでしょうか」(皇室担当記者)

美智子さまは“女性学の主人公”

 おふたりの近況について、上皇職関係者が明かす。

「起床や就寝、食事は定時で、日課は音読と散策。相変わらず、規則正しく生活されています。美智子さまは、日ごろから新聞を丹念に読み、国内外の出来事をキャッチ。
最近だと、5度目の宇宙飛行を実現させた若田光一さんのニュースをご覧になりながら、過去にあった交流を懐かしまれているご様子でした」

 ご高齢なこともあり、体調面を懸念する声も上がる。

「美智子さまは8月、右脚ふくらはぎに血栓ができる『深部静脈血栓症』と診断されました。投薬や入院はなかったものの、楽観はできない状況です。9月には、上皇さまが白内障と緑内障の手術をお受けに。通院に付き添った美智子さまも、心配されていると拝察します」(同・上皇職関係者)

 年齢を重ねるごとに、体力や身体の機能が低下するのは自然なこと。

「美智子さまは、今までできていたことを“授かっていた”ものと捉え、それができなくなったことを“お返しした”と表現されています。長い人生の終わりにくるものに対する、穏やかな受け止め方をお手本にしたいものです」

 そう感心していたのは、文化学園大学客員教授でジャーナリストの渡邉みどりさん。
美智子さまと同じ1934年生まれで、日本テレビ放送網に入社後、60年以上にわたり皇室を取材し続けてきたが、9月30日、88歳で亡くなった。

「私にとって美智子さまは、“女性学の主人公”なんです。史上初の民間出身妃というだけでなく、皇后陛下になられてからも、いつもすてきでご立派でした」(渡邉さん、以下同)