「右京さん! 亀山薫です」
「わかっています」

 大人気ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)のシーズン21が10月12日からスタート。反町隆史が前シリーズで卒業し、水谷豊演じる杉下右京の新しいバディには、初代相棒を務めた寺脇康文演じる亀山薫が5代目として戻ってきた。

亀山薫との再会シーン

「第1話の世帯視聴率は関東地区で17・3%。前シーズンも初回は15・2%と高視聴率でしたが、それを上回る結果になり、亀山薫への注目度の高さが数字にも表れました」(スポーツ紙記者)

 亀山薫は'08年放送のシーズン7の途中で警視庁を退職。政治腐敗が進むサルウィン(架空の国家)の子どもたちに正義を教えるために移住したことになっていた。数々の難事件を解決してきた2人は今回のドラマ冒頭で再会を果たした。

「腐敗した政権を倒した反政府運動のリーダー的存在のアイシャという女性が親善目的で来日。国内外の要人を招いてのパーティーが開かれることになりました。右京さんにも差出人不明の招待状が届き、パーティーに参加したところ、亀山と再会。アイシャは亀山の教え子で、亀山も親善使節団として来日していました」(同・スポーツ紙記者)

 再会の喜びもつかの間、アイシャを殺さなければ、亀山の妻・美和子(鈴木砂羽)が乗る旅客機を爆破するというメッセージが亀山に届く。他のパーティー参加者にも同様のメッセージが届いており、右京と亀山で脅迫者を捜すという展開だった。