【唐田えりか、25歳現在の姿…清楚な黒髪、167センチの全身ショットもスタイル抜群】

 10月25日付の『スポーツ報知』Web版が、芸能プロダクション『フラーム』の公式インスタグラムが更新されたことを報じたのだが、冒頭のタイトルでわかる通り、女優・唐田えりかの近況を伝えたわけで……。

「実に報知さんらしい見出しですね」と苦笑いするのは、別のスポーツ紙芸能デスクだ。

「これが通常運転であれば、女優・唐田えりかを宣伝するような、事務所も喜ぶ記事になっていたと思います。でも、彼女が起こした一件は誰もが知るところで、わざわざ“清楚”という言葉を用いたことに、逆に読者を“煽る”ような意図が見え隠れしますね。

 案の定、記事が配信された『Yahoo!ニュース』のコメント欄は大荒れです。結果的に多くの読者の目に触れたということで、記事として大成功でしょう」

 同デスクが指摘する“一件”とは当然ながら、2020年1月に発覚した東出昌大との不倫騒動のこと。数々の“匂わせ”投稿が発掘されたインスタグラムを閉鎖すると、唐田は事実上の芸能活動休止状態となる。

 その間に杏と離婚した東出は現在、フリーで俳優業を続ける傍らで山小屋を拠点とした生活を送っている。一方でフランス移住の夢を実現させて、今秋より子どもたちと新生活を送っている杏。

“清楚”という言葉を使うな

 不倫騒動から2年と9か月、三者三様のリスタートを切った現在はすっかり騒動も収束したものと思われたーーが、

元妻が日本から居なくなったタイミングで何事もなかったように出て来たな》

《騙されて不倫してたならまだしも、自分からバンバン匂わせしてでっくんなんて呼んでたりしたからまぁ救いようがないですよね》

清楚な女性は不倫はしないのではないでしょうかね。。。。少なくとも杏さんの家庭を壊した事実がある以上、清楚という言葉は使ってほしくないですね》

 コメント欄には、今もなお“唐田えりか許すまじ”と糾弾するような書き込みが並び、一方で復帰を歓迎する一定のコメントも見受けられるも、軒並み“バッド”マークが大量に押される始末。