それは、まさに青天の霹靂(へきれき)だった。

《2023年5月22日をもちまして、岸優太、平野紫耀、神宮寺勇太の3人はKing & Princeを脱退し、5月23日よりKing & Princeは永瀬廉と高橋海人の2人で活動をさせて頂きます》

 11月4日、King & Prince(以下、キンプリ)のファンクラブサイト内で平野紫耀(しょう)、岸優太、神宮寺勇太の3人が'23年5月22日をもってグループを脱退することが発表された。

平野と岸は海外進出、神宮寺は“誰かが辞めたら辞める”

「平野さんと神宮寺さんは、同日にジャニーズ事務所も退所予定で、岸さんは、主演映画『Gメン』の公開が控えているため、'23年秋の退所予定となっています。昨年から今後の活動について話し合いを重ね、海外での活動など、それぞれの目指したい方向が異なっていたため、互いの人生を尊重するために脱退・退所の道を選んだそうです。今後、平野さん、岸さんは海外進出を目指し、神宮寺さんは“誰かが辞めたら辞める”と決めていたといいます」(スポーツ紙記者)

 キンプリは、'15年6月5日にジャニーズJr.内のユニット『Mr.King vs Mr.Prince』として結成された。

「当初は期間限定ユニットの予定でしたが、ファンからの強い要望で活動を継続。しかし、次第に岸さん、岩橋(玄樹)さん、神宮寺さんの3人と、平野さん、永瀬(廉)さん、高橋(海人)さんの3人に分かれての活動が多くなっていました。それでも平野さんを中心に、ジャニー喜多川さんに“6人でのデビュー”を直談判したことで、現在の形となり、'18年5月23日にデビューを果たしました。

 その約5か月後、岩橋さんがパニック障害の治療のため休養し、復帰がかなわず'21年3月末で脱退してしまいます。しかし、グループとしては、'22年1月から日本テレビ系の冠番組『King & Princeる。』が始まり、初の4大ドームツアーを成功させるなど、上り調子でした」(アイドル誌編集者、以下同)