今年7月に男の子を出産してママとなったばかりのタレントの南明奈(33)にインタビューを敢行。日々の育児の大変さを語りつつも、夫・濱口優との夫婦円満の秘訣を披露。さらに話題は、かつて南が出演していた数々のバラエティ番組の思い出話に。『笑っていいとも!』では平成生まれの初レギュラーに就任するなど、芸能界の第一線を駆け抜けてきた彼女が語る“現在地”とは……。

 中学2年生の時からティーンファッション誌のモデルとして活躍し、「アッキーナ」の愛称で知られる南明奈。グラビア活動だけではなくトーク番組やドラマ、CMなどの仕事にも邁進し、'18年5月にはお笑いコンビ『よゐこ』の濱口優と結婚。出産して4か月の現在、濱口と一緒に育児の幸せを感じる日々だという。

「優さん(夫の濱口優)もデレデレですよ~。男の子なんですけど優さんにそっくりで、ウチの両親や友達に見せるとみんな『パパ似だね』って言うんです。女の子はパパに似て、男の子はママに似るって言いますよね。最近ちょっとずつ私らしい部分も出てきてて、新生児って1日単位で成長を感じられるからびっくり!」

 あの大御所たちからも出産祝いをプレゼントされたそう。

「誘拐されたら嫌でしょ?」

「つい最近おもちゃの動きを目で追うようになりました! 鶴瓶さんからカランカランと音が鳴るおもちゃを頂いて、2人で『師匠ありがと~、鶴瓶さんに感謝だよ~』って息子に語りかけています(笑)。優さんがお世話になっている内村(光良)さんや小川(菜摘)さんからもおもちゃを頂いて、本当に感謝感謝です」

 初めての育児にてんやわんやの様子だという濱口と南。最近あったエピソードを披露してくれた。

「この間、初めてスーパーに行ったんですけど、店内のラジカセから流れる大音量の『いらっしゃいませ~』っていう声と音楽にびっくりして、ギャン泣きしちゃってもう大変。こちらも2人して『わあ~』ってパニックになって、優さんが慌てて外で息子をあやして、私はその隙にささっと買い物して(笑)

 とにかく子ども中心の生活になりますよね。子どもがお腹空いたならご飯あげて、泣き始めたら抱っこして、夜も途中で起きたら優さんと2人で『眠いね』って言いながらあやして……。日々、それの繰り返し。ちょっと泣いただけで2人とも飛んでいって、『どうしたの? お腹すいたの? おむつ替える? 寒い?』って、もうつきっきりです」

「ウチは基本的にルールはないんですよね。子どもが生まれる以前から、家事の分担などもはっきり決めてなかったかな。はっきり規則を決めると『なんで〇〇やってくれないの』と喧嘩につながるし、優さんも仕事が忙しいので、お互いが余裕ある時に出来ることをでやるのが一番良いのかなと」

 そんな2人に対して、世間は夫婦円満のイメージが強いだろう。笑いが絶えない家庭を保つ秘訣を聞いてみると……。

「個人的に心掛けているのは、尖った口調にならないこと。例えば、優さんってすごく忘れっぽいんですよ。ドアの鍵とかしょっちゅう閉め忘れてて。でもそこで、『なんでまた忘れてるの!』『鍵閉めて!』と言い方がぶっきらぼうになると、向こうも嫌な気分になるじゃないですか。だから『また鍵空いてたよ、私が誘拐されたら嫌でしょ?』みたいな感じで伝えてます(笑)」

 なんとも絶妙な言い回し! 相手の気持ちを慮り、愛と思いやりのある発言が良好な夫婦関係を維持する秘訣なのだろう。