9日に都内のホテルで開かれた自民党衆院議員会にて、自民党の葉梨康弘法相(63)が法相の仕事を「死刑のはんこを押し、昼のニュースのトップになるのはそういう時だけという地味な役職」と発言したことが問題となっている。葉梨氏は他にも「法相になってもお金は集まらない。なかなか票も入らない」などと発言をしていたようだ。

 この発言に対してネット上では、非難の声が殺到している。

ウーマンラッシュアワー・村本大輔も批判

《葉梨法相の「死刑のはんこを押す地味な仕事」発言は本当に酷い。自分の仕事が人間の命を終了にする仕事だと分かっていない。単純作業のように はんこを押すな》

《人の命を奪う死刑執行命令を「死刑のはんこを押す」と表現するなんて……。人命軽視も甚だしいし、不適切にも程がある。》

《法務省は検察、公安調査庁、刑務所、少年院、法務局、さらには入管まで持っている。そんな組織のトップが、こんな軽率な発言をする人物とは…》

 など、命を軽視しているとの指摘が多くみられた。法務省のトップがこれでは、他職員にも伝搬し、士気は駄々下がりと捉えられてもおかしくはないだろう。

 葉梨氏の発言は、著名人の間でも注目されているようだ。芸人のウーマンラッシュアワー・村本大輔(42)は、

《この命を奪おうって決める仕事はなによりも重い仕事よ。あなたはハンコを押すだけ、そのハンコを押すことによって、人間がひとりこの世界からいなくなる。そこには遺族もいる。地味な仕事じゃないよ》

 と、コメント。