滝沢秀明のジャニーズ事務所退社に引き続き、今、人気絶頂のグループ『King & Prince』から平野紫耀、岸優太、神宮司勇太の3人が2023年5月22日をもってグループを脱退し、平野と神宮寺は同時に事務所を退所、岸も同年秋には退所すると発表された。業界が騒然としたのは言うまでもない。

 発表から1週間が経とうとしているが、まだ世間の興奮が冷める様子はなく、各メディアはタッキー退所やキンプリ脱退・退所の“本当”の理由を探り続けている。様々な“理由”が取り沙汰されているが、キーワードのひとつが“全米進出”だそうだ。

ジャニーズは海外進出にこだわらない

 アメリカでショービジネスを成功させるのは亡くなったジャニー喜多川氏の夢。それを引き継いだのがタッキー。手掛けたグループ『Travis Japan』が先日、メジャーデビューを果たしたばかり。キンプリも脱退を表明したメンバーは全米進出を目標としていたことを語っている。

 世界中から注目を浴びている男性グループといえばやはり『BTS』だが、キンプリと彼らとでは事情が異なる。韓国は市場が小さく、どうしても国外に活路を見いだす必要がある。しかし、ジャニーズはバラエティーやドラマなどのテレビ、映画、舞台などあらゆるジャンルのメディアに多大な影響力を誇っている。

なので、藤島ジュリー景子社長はそこまで海外進出にこだわっているわけではないといいます。忙殺されるほどの仕事量をこなしながら完璧な英語を身につけさせるのも大変。そこまでしなくても国内市場で十分すぎるほどやれていると。しかし、ジャニーさんの遺志を継いだ平野さんたちは海外進出にこだわった。そこも分断を生むきっかけになったそうです」(老舗芸能プロ幹部)