クラウドファンディング(以下、クラファン)で487万円、旅の終盤に投げ銭で100万円を支援してもらい、日本一周企画に挑戦していた13歳のユーチューバーで少年革命家のゆたぼん。11月13日に地元の沖縄県でゴールを迎え、自身のYouTubeで報告していた。

日本一周ゴール報告の動画である異変

「“不登校の子どもたちに元気と勇気を与えたい”とクラファンで資金を集めたにも関わらず、危険なバイク試乗やブランデーをかけたアイスを食べる未成年飲酒疑惑など問題行動を繰り返し、多くの批判が集まる結果となりました」(ネットニュース編集者)

 迷惑系ユーチューバー・へずまりゅうなどの支援者たちに見守られ、6月30日に東京タワー下から『ゆたぼんスタディ号』で出発。137日間に渡る旅を終えたが、ゴールを報告する動画にはある異変が……。

「出発式にはゆたぼん親子を熱心に取り上げている『東京スポーツ』が取材に来ていましたが、なぜか沖縄県でのゴールの様子を取材したメディアは、地元の媒体を含めて皆無。日曜日にゴールしたにも関わらず、報告動画では同級生や家族の出迎えもなかったですね。11月6日に“LINE(のメッセージ)を150人くらいに送った!”とツイートしていたので、てっきり派手なゴールシーンがあると思っていたのですが……」(沖縄在住のライター)

 ゆたぼんが在籍する中学校に子どもを通わせている保護者は、寂しい結末になってしまった理由についてこのように推測する。

「不登校でほとんど教室に顔を出していないので、彼のゴールを出迎えにいくような友達はいないのではないでしょうか。ネットニュースではよく話題になっていましたが、日本一周中に保護者や子どもたちからゆたぼんに関する話題が出ることはなかったです」