「1世紀を生きたら、人生をまっとうしたって思えるかしら」

 82歳の今も超元気で超ポジティブ! やっぱりデヴィ夫人はただ者じゃない。

《高所恐怖症の私がスカイダイビングにチャレンジ! そして見事成功しました!》

 自身のブログにそう綴られているように、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)などのバラエティー番組では空中ブランコやバンジージャンプにも挑戦してきた。

 過酷なロケにも体当たりで挑む姿が大人気だが、元はゴージャスな生活を送るセレブなイメージ。いったいどっちが本当のデヴィ夫人なの? 本人に聞いてみた。

“人生の使命感”を持っていただきたい

「いつも高価なドレスや毛皮、宝石を身に着けて、飛行機で世界中を飛び回っていていいなあ、と思われるかもしれません。でも、わたくしがラッキーなのだとすれば、それは貧しい暮らしを経験していること。戦後はとにかく食糧難だったので、わたくしは6歳のころから、リュックサックを背負って米を買い出しに行きました。そうした経験が今を支えている。戦争と貧しさは、わたくしのパワーやイデオロギーの源です

 生まれたときからセレブだったわけではなく、厳しい時代に辛酸をなめている。11月1日に出版された著書『選ばれる女がやっていること デヴィ夫人のマナー論』(Clover出版)に、貧しい生活から抜け出すために考えたことが記されていた。

人生の重要な場面で役立つマナー論をテーマにした約3年ぶりの著書(書影をクリックでAmazonの購入ページへ)

《自分の人生を切り拓くためには、知識と教養があなたの武器になります》

 キーワードは、“知識と教養”。そして、チャンスを逃さないことが大切だと話す。

人間誰しも、一生のうちに何回もいろんなチャンスに出会います。ですが、それに気づかない人や取り逃がしてしまう人がいます。“しまった!”と思ってからでは遅いんです。

 機会を逃してしまう人は、人生の目的や目標を持っていない人。わたくしはみなさんに“人生の使命感”を持っていただきたいんです。そうしたら、チャンスが訪れたとき、“これを掴まなきゃ”と感じられる。掴んだら最後、そこからは努力、努力、努力です」