1990年から1996年にかけて『週刊少年ジャンプ』にて連載された、井上雄彦による漫画『スラムダンク』。その最新作となる映画が12月3日に公開予定となっている。タイトルは『THE FIRST SLUM DUNK』。

「連載終了から25年以上の月日が流れていますが、その人気は今でも絶大。井上先生が映画化を発表したツイートには、38万いいねがつきました。当時、日本では人気がそれほど高くなかったバスケットボールをメジャースポーツに押し上げ、発行部数が累計1億2000万部以上を誇る国民的作品の最新作には、国内外から高い注目を浴びています」(エンタメ誌ライター)

 公開1か月前となった11月4日には、YouTubeにて“『スラムダンク』特番”を放送。特報映像の初公開に大いに沸いたファンもいれば、一方でこんな声も……。

「連載当時、テレビ朝日系列で『スラムダンク』のアニメも放映されていたのですが、当時のキャスティングを引き継ぐのではなく、声優交代を発表したのです。これには往年のファンが大激怒し、前売り券発売後の発表だったことも相まって、SNSでは大炎上しました」(同・エンタメ誌ライター)

 公開前に思わぬケチがついてしまった形だが、裏を返せば期待値の高さの表れともいえる。過去には4作の劇場版を世に送り出している『スラムダンク』だが、最後の劇場版が公開されてから27年がたった今、最新作はどのようなテイストになるのだろうか。これまでの劇場版では、原作漫画には描写のない、いわゆるサイドストーリーが描かれてきたため、ネット上では映画の展開を予測する“考察合戦”が繰り広げられているのだが……。

これまでの劇場版と大きく異なる点

「これまでの劇場版との関連性はまったく考えなくていいでしょう」

 そう話すのは『スラムダンク』に関する考察系YouTuberのサラシナさんだ。

「これまでの劇場版は監督、脚本共に原作者の井上先生ではありません。自ら考えたストーリーではなく、それぞれ違う脚本家の方が担当されているので、井上先生が考えている『スラムダンク』とは少しズレがあると思っているんです。さらにファンの目もシビアで、過去の劇場版は『スラムダンク』として認めていない人もいますね」

 今回は、これまでの劇場版と大きく異なる点がひとつある。

「ほかならぬ原作者の井上先生自らが脚本を担当しています。そのため映画のストーリーを原作に絡めることも可能です。そうすると、アニメ化には至らなかった“山王(さんのう)戦”やその後のストーリーが描かれる可能性が出てくるわけですから、往年の『スラムダンク』ファンにとってはたまりませんよ」(サラシナさん、以下同)