11月中旬、平日の昼すぎ。東京・桜田門にある警視庁の本部前を通りかかったという女性がこう振り返る。

「普段は警備の警察官が立っているか、スーツ姿の人が多いのですが、その日はカメラやマイクや照明機材を持った人たちがたくさんいて、何かの撮影をやっていたんです。役者さんも誰かいるのかなと思って見ていたら、小泉孝太郎さんの姿が見えました」

 眉間にシワを寄せた険しい表情の小泉が、電話をかけながら警視庁から出てくるシーンを撮影していたという。

小泉の刑事役といったら“あのドラマ”

「小泉孝太郎さんの刑事役といったら“あのドラマだ!”って思いましたよ。つい“寅三(とらみ)センパイ”の姿も探しちゃいました(笑)」(前出・目撃した女性)

警視庁から電話をしながら出てくるシーンの撮影のようでした。なので撮影しているのはもしかしたら“あのドラマ”じゃないかと思って、つい“寅三(とらみ)先輩”の姿も探しちゃいました(笑)

 この女性が話す“あのドラマ”とは、テレビ東京系連続ドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』のこと。

「2016年に第1シーズンがスタートし、2021年の第5シーズンまで放送されてた人気刑事ドラマです。小泉さん演じる警察庁キャリアの主人公と、松下由樹さん演じる現場たたき上げの刑事“寅三先輩”という異色コンビが、コミカルに事件を解決していく物語です」(テレビ誌ライター)

 今年11月7日には『愛と涙のさよならスペシャル』が2時間枠で放送された。

「劇中に出てくる『なんでも相談室』は、杉並中央署に問題を抱える職員が集められて設立された左遷部署なのですが、2時間スペシャルでは主人公と寅三先輩が警視庁本部へと異動になったのです。長きにわたって放送された人気番組だけに、残念に思う人も多かったのでは……」(同・テレビ誌ライター)

 ツイッター上では、

《勝手にシーズン6もやると信じて楽しみにしていたけど、SP来たのでこれで終わりかな?》

《本当に本当にこれで終わりなの?》

《最後2人が異動になったから、やっぱりもう終わりなんだろうな》

 と惜しむ声がチラホラ。