11月18日に『週刊女性PRIME』が報じた、坂口杏里がファンを利用して睡眠薬を入手したという疑惑。坂口の女性ファンの友人に受診させて処方された睡眠薬を受け取り、それを別の人物に横流ししていたという違法行為だ。横流しだけでなく、この睡眠薬の代金も支払っていないという。

「これを暴露したのは、坂口さんの夫・進一さんの実姉で坂口さんの義姉にあたるAさんです。坂口さんと進一さんは、今年の6月8日にわずか12日の交際期間で結婚。しかし、翌月には坂口さんのInstagramのストーリーズに夫への愚痴が目立つようになり、離婚騒動を巻き起こしていました」(スポーツ紙記者)

金銭トラブルで一時は被害届が提出されるという話も

 坂口の義姉による暴露はこれだけにとどまらない。進一さんのバー『ハイカラ』での金銭トラブルを坂口は複数抱え、一時は被害届が提出されるという話も持ち上がっていたというのだ。

「Aさんによると、坂口さんは11月から『ハイカラ』に出勤するようになったそうです。もちろん店に訪れた客からの売り上げもありますが、坂口さんと進一さんは店でライブ配信を行い、視聴者からシャンパン代を振り込ませていたのです」(芸能ライター)

 しかし、お金を振り込んでも必ずしもその配信上でシャンパンが開くわけではなかったそう。

「そのため、振り込んだお金が何に使われているかわからず、坂口さんを問い詰めた人もいたそうです。ライブ配信の視聴者が“シャンパン代として振り込みました。好きにお使いください”とコメントしていたのを自分勝手に解釈して、“好きに使っていいって言ったじゃん!”という言い分なんだとか……」(同・芸能ライター)