1月10日に数か国で発売された書籍『スペア』が世界に激震をもたらしている。イギリスのチャールズ国王の次男、ヘンリー王子が書いた“暴露本”だ。

「アメリカ、カナダ、イギリスの売り上げを合わせれば140万部以上という大ベストセラー。王室内の確執について記し、自身の性体験や薬物摂取などについても赤裸々に語っています。スペアとは予備という意味。“次男”という自分の立場を露悪的に表現しています」(一般紙記者)

「支離滅裂」「ばかばかしい」との批判が

 ヘンリー王子はチャールズ国王とダイアナ妃の息子で、長男ウィリアム皇太子の2歳違いの弟にあたる。

「'18年にメーガン妃と結婚してから、王室からは距離を取るようになりました。'20年にふたりは王室の主要メンバーから抜け、経済的に自立することを電撃宣言。公務から退き、アメリカに引っ越します。それからは、ずっと王室の暴露ネタを発信していますね」(同・一般紙記者)

 王室の内情が書かれているということで、話題性は抜群。英国在住のフリーライター・名取由恵さんは、騒ぎの一部始終を現地で見ていた。

「ロンドン市内の各書店では、10日午前0時の発売開始に合わせて、本を買い求める人々の長い行列ができ、ノンフィクション書籍のなかで、発売初日の売上数が史上ナンバーワンになりました。英メディアの多くは“支離滅裂”“ばかばかしい”と批判的に報じましたね。一方で、“母親の死から立ち直ることができなかった少年”と同情する見方もありました」

 注目を集めたのは、やはり父のチャールズ国王と、兄のウィリアム皇太子との関係だ。