ダウンタウン浜田雅功に別居報道が飛び出した。

 写真週刊誌FLASH(1/31号)が報じるところによると、結婚33年の妻・小川菜摘が都心の超高級賃貸マンションに拠点を移し、世田谷区内の豪邸に戻らなくなっているというのだ。

 小川は子育てが終了した近年は舞台で精力的に活動し、2月からも岸谷五朗主演舞台『歌うシャイロック』出演の予定だという。

 セリフ覚え、役作りなどのためには別に部屋を借りた方が都合が良く、FLASHはそのような“セカンドライフ”の一環としての別居の意味合いもあるとしている。

 しかし、やはり2014年6月に浜田が起こしたグラビアアイドルとの不倫騒動が尾を引いている、とも報じている。

 写真週刊誌『フライデー』によって報じられたその不倫関係は3年半に及ぶ重たいもので、車内でのツーショットも激写された。浜田が都心に借りていた別宅が舞台だった。

 つまり、今回の別居は小川の“逆襲”としての意味もあるのでは、とのこと。

「FLASHは小川さんが1週間以上豪邸に帰らなかったことを確認したということです。ただ、芸能人夫婦である以上そのようなすれ違いはよくあることですし、精神的にもすれ違いがあるのか、またそれが深刻なのかは、知る由がないので難しいですね」(スポーツ紙ベテラン芸能記者)

スピード感ある対応で「意気消沈ゴリラ」

 また、当の小川菜摘も16日インスタグラムを更新し、目を閉じて唇をとがらせる女の子のイラストとともに「え?(笑)んなアホな(泣き笑いする絵文字)」という短いコメントを投稿。別居報道の否定ではないかと解釈されている。

息子の運動会に参加する、浜田雅功と小川菜摘
息子の運動会に参加する、浜田雅功と小川菜摘

 しかし、小川といえば、思い出されるのはその浜田の9年前の不倫騒動での完璧な対応だ。報道直後にブログを更新。一部省略しているが、このような文面だった。

「主人は今回の件に関して、コメントを出し、猛省しております。

 彼は羽目を外し過ぎ、伸ばし過ぎた羽根を家族にバキバキに折られ、その羽根をそっと畳み、意気消沈ゴリラになっています。

 そんな彼を、私たちは変わらず笑顔で支えていこうと思っています!

 我が家は大丈夫です!」