昨年10月からスタートしたNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』も、4月1日の最終話まであとわずか。ヒロインのすみれをはじめとする登場人物たちに何度も感動&涙し、気になるイケメン男子がブレイク! と、毎日の楽しみだった今作の裏話をたっぷりお届けします。

『キアリス』創設の4人、実は……

「オフの時間に、課題のお裁縫をみんなでやっていることもありますし、他愛もない話をしてるシーンも見受けます(笑)。ベタベタ仲よくやっているっていう感じでもなく、出入り自由っていうか、ナチュラルな感じで集まっている。その距離感が見ていてもすごくよかったです」(制作統括・三鬼一希さん)

「『キアリス』の女の子たちは、すごく可愛かったです。すみれちゃん(芳根京子)も、良子ちゃん(百田夏菜子)も、君枝ちゃん(土村芳)も、明美ちゃん(谷村美月)も含めて、ほんとにキュートでよかった。愛らしかったですね」(脚本・渡辺千穂さん)

カッコいい男は素顔も男前だった

田中紀夫役の永山絢斗 (c)NHK

紀夫さん(永山絢斗)は、ほんとに可愛らしい人。気持ちが高ぶると叫んでしまうような、ちょっと変わったところがいいですよね(笑)。子ども時代から、大人になっても、おじいちゃんになっても可愛らしい。そして、栄輔役で大人気の松下優也さんは、不思議な魅力のある方だなと思って。フレッシュさもあって、成熟さもあって、色気もありますよね。これからどんな役をやっていくのかなって、楽しみです」(脚本・渡辺千穂さん)

高良健吾さんも永山絢斗さんも、むちゃくちゃカッコいいんですけど、ものすごく熱い人たちなんです。兄貴分で、演じている役そのもの。ドラマの潔さんと紀夫くんの関係性もそうですが、永山さんと高良さんは、以前も共演されていて気心が知れている。若手の出演者も多いので、兄貴分として引っ張っていってくれているように見えました」(制作統括・三鬼一希さん)

ここまで!? こだわりのセット

すみれちゃんの性格が、とっても優しくて、包み込むような雰囲気なので“やわらかい色合い”に、全体を通してこだわりました。

 ただ『キアリス』については、現地での取材の中でベビーショップならではの機能を多く知ることができました。例えば、改装してからの『キアリス』は、バリアフリー化しているんです。赤ちゃんが転んでもケガがないように、段差のないフローリングになっていたり、ベビーカーで来る人のために、スペースも広々としている。

 実際に、『べっぴんさん』にご協力いただいた、赤ちゃん子ども服のメーカーさんのお店は、そこまでこだわっているんです。そこが“べっぴん”たるゆえんなんだなって。ぜひ、ちゃんと表現したいと思いました。

 キアリスは、どんなにお店が成長して大きくなっても、手作りのものだけを置いて温かさを出しています。包装紙のリスのイラストも手描きだし、花のディスプレーも手作りなんですよ」(映像デザイン・伴内絵里子さん)