理想の家庭像は老後しか描けてないです(笑)

――久保田さんは1月に30歳になられて、染谷さんも12月に30歳になられますけど、どちらが先に結婚すると思いますか?

久保田 ……俺かな~。

染谷 俺も秀くんだと思います、はい。

久保田 いや、聞いてると染は結婚願望がないみたいなので。

染谷 僕、結婚願望がまったくなくて。

久保田 僕は普通に結婚したいです。子どもも欲しいし。でも意外に……染のほうが……。

染谷 それは絶対無いと思います!

久保田 なんでなんで? でも一生独身ってことないでしょ?

染谷 一生独身で大丈夫です。

写真左から染谷俊之、久保田秀敏 撮影/森田晃博
すべての写真を見る

久保田 なんで? うそでしょ? 結婚しなくても、例えば事実婚みたいな関係でいたいタイプとか?

染谷 いや、人と一緒に住めなくて……。

久保田 え?? 

染谷 ダメなんですよ(笑)。僕、一人が好きだから(笑)。だから結婚とか考えられなくて、同棲とかも絶対無理だろうな~って。

久保田 でもなんで? だって好きな人とずっと一緒にいられるんだよ?

染谷 苦ですよ、それは(笑)。たまに会うくらいが、いいんじゃないですか。

久保田 アハハハハ!

染谷 ずっと一緒にいたら恋愛感情とかもなくなっちゃうじゃないですか。

久保田 いや、そんなことはないでしょう。すごく好きな人なら。

染谷 僕は、1か月に1回会うくらいでいいです。それで充分です(笑)。

久保田 うそでしょ~?(笑)。

染谷 だから、付き合うとか向いてないんです(笑)。

――(笑)。久保田さんの理想の家庭像は?

久保田 自分の親ですね。ケンカしないこともないんですけど、普通に仲がいいし、二人ともバリバリ仕事してるし、休んでいる姿をまず見たことがなくて。僕も仕事大好き人間なんで。だから、結婚する相手も仕事を持っていて尊敬できる人がいいです。「この人にはかなわないな、じゃあ超えてやるぞ」と思えるような人。ライバル心が燃やせて一緒に高めていける関係性がいいですね。

――染谷さんは理想の家庭像あります?

染谷 老後しか描けてないです(笑)。

久保田 アハハハハ! ずいぶん先の話だね(笑)。

染谷 縁側のある家に一人で住んで、猫を愛でながらずっと庭を見てるっていうイメージです(笑)。

久保田 へぇ〜うっそ~(笑)。そこまでだとは思ってませんでしたねぇ。