染がいてくれるからこそ、ボケられるし適当でいられる

――改めてお互い俳優として、リスペクトしているところは?

染谷 秀くんの何でもできるところですね。歌もダンスもアクションもできるし、お芝居もうまいし。お酒の飲み方とかでも、みんなに気を使える人だし……熱い人だし。見習うところがありすぎますね。

久保田 いやいや。たぶんなんか考えてるように見せるのがうまいんでしょうね(笑)。染の何でも引いて俯瞰(ふかん)で見られるところ、客観的に見れてる部分はすごいなと思います。いつでも冷静に物事を見られるっていうのは、必要なことなので。俯瞰で見られる自分がいないとやっぱり演技ってできないから、それを常にできているのはすごいなと思いますね。

染谷 ありがとうございます! 褒められるのはちょっと照れますね。

久保田 なんか気持ち悪いね(笑)。

写真右から久保田秀敏、染谷俊之 撮影/森田晃博
すべての写真を見る

――次はどういう作品で共演したいですか?

染谷 秀くんとバリバリのアクションをしたいですね。

久保田 うん。アクション大好きなんでやりたいですね。あと僕は、会話劇をやりたいな。ほんとに純粋にお芝居がしたい。

染谷 いいですね~。

久保田 ダークな重い芝居が好きなのでそういうものがやりたい。

染谷 うん。面白そう!

久保田 個人的には、ひげをすっごく生やしたいんですよ。山田孝之さんみたいな。で、もっと泥臭い役をやりたいんで。人が近寄りたくないような、そういう感じのお芝居をやってみたいですね。

染谷 そういう秀くんも見てみたいです。一緒にできたらなおいいですけど。

――最後にお互いはどういう存在ですか?

染谷 やっぱり、もうずっと大好きな先輩ですね。

久保田 僕は、染のことは後輩とは思ってなくて、むしろ同い年か上的な感じなんですよ。

染谷 上ですか??

久保田 うん。俺はこんなで頼りないやつだから、現場とかで一緒になるとすごく頼りになるんですよね。率先して引っ張ってくれるというか、だからすごく尊敬してます。染が何でもやってくれるからこそ、俺がボケれるっていうか……。

染谷 いやいやいや。

久保田 この環境が俺はすごく居心地がいいんです。居てくれると安心できる存在ですね。

染谷 嬉しいです!