『キイハンター』の共演者と。左から大川栄子、野際さん、故・丹波哲郎さん、千葉真一

「『ずっとあなたが好きだった』(TBS系)のお姑さんキャラの印象が強いかもしれません。でも、最初にブレイクしたのは『キイハンター』(TBS系)です。NHKアナウンサーからの華麗な転身で、キレのいいアクションで世の男性を虜にしました。同作で共演した千葉真一さんと'73年に結婚し、'75年に長女を出産します。それが女優の真瀬樹里さんです」(同・スポーツ紙記者)

 野際さんは3歳年上の姉さん女房で、おしどり夫婦として知られていた。千葉は「やんちゃ坊主を支えてくれる母のような存在だった」と語っている。

「仲はよかったんですが、'94年に離婚します。ふたりとも仕事が忙しかったので、すれ違いが生じたんでしょうね。ふたりが並んで座るという異例の離婚会見でした」(同・スポーツ紙記者)

'94年2月にふたりそろって離婚会見を開いた

 娘の真瀬も大きくなって手が離れており、野際さんの芸能活動は活発になる。ドラマや映画に出演するだけでなく、バラエティー番組では知的キャラとして活躍した。

 '02年に始まった紀行番組『旅の香り時の遊び』(テレビ朝日系)では司会を務めている。番組制作に参加していた放送作家の山田美保子氏は、その誠実な仕事ぶりを今でもはっきりと覚えているという。

野際さんが司会で中井美穂さんがアシスタント。氷川きよしクンが旅のロケを担当していました。今は旅番組がたくさんありますが、そのハシリですね。7年続きました。野際さんは出演者で、しかも女優さんなのに、番組会議にも参加してくださいました。そんな人はなかなかいませんよ。とても前向きでしたね。ロケにも積極的に行ってくださって、何度も京都に行ってますね

 まだデビュー間もなく、初々しい姿を見せていた氷川は、いつも心配してくれた野際さんに「そのまごころに心から感謝」とコメント。

女優の仕事が増えるも、その飾らない姿が評判に

 もちろん女優としての仕事も増え続け、'10年上半期のNHK朝ドラ『ゲゲゲの女房』では主演の松下奈緒の祖母を演じ“老けキャラ”も定着した。