ディーンにとって“結婚”とは

 2012年にインドネシア国籍の女性と結婚したディーンに、“結婚”について聞いてみると、

「結婚というのは“誓い”。誓い合った同士がよりよい未来を作っていくために、一緒に“ネクストレベル”を目指していく努力を続けていくことだと思います」

ディーン・フジオカ 撮影/伊藤和幸

 1男1女の双子に続いて、今年に入って次男が誕生し3児のパパに。家族が暮らすジャカルタと日本を行き来しながら多忙な日々を過ごすが、今回あらためて“家族”について考えたと話す。

「自分は幸せだな、ラッキーだなと思いました。そして父親として、家族のことを大事にしなきゃいけないなと。ちょっとバランスを崩したらすぐになくなってしまうこともあると思うんです。今回、主題歌も担当させていただいて、“朝が来たらどこへ向かうのか”という歌い出しなんですが、本当に明日なんてどうなるかわからないもの。

 日常的な平凡な幸せを大事にして、とにかくまずは家庭平和をちゃんとキープすること。これが世界平和につながるのかなって(笑)」

 現在、俳優業のほか、歌手として、そして最近では報道番組への出演と、まさにボーダーレスに活躍中。

「ひとつだけのことをずっとひとつの場所で続けるという魅力もあると思います。でも、今は仕事する場所とか住む場所も全部選べるじゃないですか。民族的なバックグラウンドは変えられないけど、国籍だって変えようと思えば変えられる。

 その人間が興味を持つ範囲とか自分の可能性みたいなものを最初から狭めるのではなく、自分の何かしら可能性みたいなものをポジティブなほうに賭けたいというか、そういう生き方を選んだんです」

 忙しい日々の中、体調管理は必要不可欠!

「ちょっとでもいいから、なるべくストレッチをするようにしています。持ち運びできるものをホテルで使って、自体重で軽い筋トレ兼、筋を伸ばしたりとか。トレーニングの研究って、今すごく進んでるんですよ。限られた時間の中でベストなショートカットを探すのが好きで“ゲーマー気質”なんです(笑)。日々、筋トレとかトレーニングの仕方を勉強し続けています」

 熱中しているものを聞くと、

「今、モンスター作りにハマっているんです。“ファムバムモンスター”って呼んでいて、いずれはアニメを作りたいと思っています。ちょっとエデュケーショナルだけど単純に子どもたちが見て楽しい『セサミストリート』の現代版みたいな。子どもに愛されるアニメ番組が作れたらいいなと思います」

ファムバムモンスター