社会・事件
2018/4/20

《福島第一原発はいま》年間700億円かけても、終わりが見えない「事故処理」

汚染原子力発電所
週刊女性2018年5月1日号
1号機では大型クレーンを遠隔操作してがれきの撤去作業が行われている 写真提供/東京電力
汚染水との闘いが続く中、タンク設置など対策に年700億円の費用が 写真提供/東京電力
2号機の原子炉格納器の底付近には、溶け落ちたデブリとみられる堆積物が 写真提供/東京電力
この写真の記事へ戻る

Photo Ranking

あわせて読みたい