トレンド
2019/7/13

仏さまの “おさがり” で子どもを笑顔に、サンタさんより愛されるお坊さんの話

人間ドキュメント貧困ボランティアお寺
人間ドキュメント
『おてらおやつクラブ』代表 松島靖朗さん 撮影/渡邉智裕
送り状に、子どもが喜ぶ絵を添えたメッセージを書く参加者の姿も
お供えのお菓子は、子どもの好みも反映しながら箱詰めしていく
基本的に必ずお米は入れる(3〜5キロ)
おてらおやつクラブ
「不確実な時代だからお坊さんにできる役割がある。救うための手段に気づけた」と松島さん
幼少時代、右が当時の住職だった祖父
アイスタイルで働いていた会社員時代の松島さん
アイスタイルで働いていた会社員時代の松島さん。最終出社日にはオフィスで断髪式を行った
小学1年の長男と。「お坊さんになんねんで」と、つい口にしてしまうと言うが、息子も回り道をするかも?
発送会の前のお勤め。参加者も仏様に手を合わせる
この写真の記事へ戻る
あわせて読みたい

Photo Ranking