芸能
2020/3/8

滝川英治「俳優引退」を決意、脊髄損傷から2年半かけて見つけた“新しい道”

タレント滝川英治人間ドキュメント
週刊女性2020年3月17日号
[写真 1/12枚目] 俳優・MC 滝川英治さん 撮影/伊藤和幸
[写真 2/12枚目] のどを切開し、人工呼吸器をつけていた。声が出せないため、五十音表を使い、意思を伝えようとしたが、うまくいかず言葉を飲み込むことも
[写真 3/12枚目] リハビリ施設にて、身体の機能回復のためにリハビリを行う。時には、強い痛みが伴うことも
[写真 4/12枚目] ミュージカル『テニスの王子様』で出会った俳優仲間たち。今でも交流が続いていて、一緒に何かしたいと計画中だという
[写真 5/12枚目] 彼女が残していたメモ。傷を早く治すメニューなど、栄養面でもサポートしてくれていた
[写真 6/12枚目] 事故の後、自身の命も危うい中、まず最初に心配したのは、家でひとりで待つ愛犬のパールのことだった
[写真 7/12枚目] 滝川さん自身が『アスリートプライド』収録後の反省会実施を提案。活発に意見交換を行う 撮影/伊藤和幸
[写真 8/12枚目] 色鮮やかで、今にも動き出しそうな躍動感のあるイラスト。パラスポーツの魅力を伝えてくれる
[写真 9/12枚目] 俳優・MC 滝川英治さん 撮影/伊藤和幸
[写真 10/12枚目] 37歳のときに出版した写真集『Age 37』の中の1枚。(c)宮坂浩見
[写真 11/12枚目] 口にくわえたタッチペンを使い、タブレットでイラストを描いたり、原稿を執筆する
[写真 12/12枚目] 2歳のころ、広島で。3歳違いの姉が大好きなお姉ちゃん子だった
この写真の記事へ戻る

Photo Ranking