社会・事件
2020/4/7

新型コロナウイルス自粛で「助けて」の悲鳴、孤独と闘う薬物依存症患者の声

災害流行コロナウイルス薬物依存症
寮 美千子(作家)
※画像はイメージです。
『下手くそやけどなんとか生きてるねん。 薬物・アルコール依存症からのリカバリー 』(現代書館 )著=渡邊洋次郎 ※記事の中の写真をクリックするとアマゾンの紹介ページにジャンプします
犯行直後の植松容疑者(ツイッターより)
植松容疑者の背中には般若とおかめの入れ墨が(容疑者のtwitterより)
植松容疑者がひとりで住んでいた自宅。玄関の電気がついたままだった
いずれも薬物犯罪で逮捕された沢尻エリカ、ピエール瀧、田代まさし。誤解に基づく報道が目につき、バッシングや人格攻撃も多く見られた
いずれも薬物犯罪で逮捕された沢尻エリカ、ピエール瀧、田代まさし。誤解に基づく報道が目につき、バッシングや人格攻撃も多く見られた
変装するもむしろ目立つ沢尻エリカ
クラブで電子タバコのようなものを吸引する沢尻エリカ(YouTubeより)
薬物事案で5度目の逮捕となった田代まさし容疑者
クスリ芸能人の今、押尾学はFX関連の情報商材の広告塔に
ASKA
大震災後、水にYESとは言わなかったASKAの異常性
11月28日、警察に連行されるASKA。車に乗り込む前には、『週刊女性』のカメラを押さえつけ「撮るんじゃねーよ!」と、すごむ場面も
槇原敬之
田口淳之介
'19年6月7日、湾岸警察署前で土下座をする田口淳之介被告
'20年、インタビューを受ける高知東生
清原和博、芸能活動再開も元嫁・亜希は「清原NG!」
酒井法子
この写真の記事へ戻る

Photo Ranking