その他のご当地麺料理

■ジャガイモ焼きそば(栃木県)

「栃木市、足利市の栃木南部ではジャガイモ入り焼きそばがソウルフード。戦後の貧しい時代に生まれた炭水化物イン炭水化物のカロリー食。栃木南部には駄菓子屋ファストフード『いもフライ』があるが、この余りを有効活用するため焼きそばに入れたのが発祥とも言われる」(ソウルフードに造詣の深い怪談研究家の吉田悠軌さん)

ジャガイモ焼きそば(栃木県)

■ローメン(長野県)

「伊那市で生まれた『チャーローメン』、略称ローメンは羊肉と野菜を炒め、蒸した太めの中華麺を加えたもの。 ラーメン用のスープを加えるタイプと加えないタイプがある。羊肉のしっかりした存在感があり“信州の山奥に来たぞ!”と実感させる味」(トラベルライターのカベルナリア吉田さん)

ローメン(長野県)

■ごまだしうどん(大分県)

「えそという魚の焼いた身をほぐし、みりん、しょうゆ、砂糖に、たっぷりのごまを加えたペースト状の調味料・ごまだし。佐伯市の特産品で各家庭でも手作りされている。そしてこれを素うどんにかけるだけの極めてシンプルな料理だが、本当にうまい!」(フードライターの白央篤司さん)