俳優になるきっかけは
ボーカルオーディション

 劇中では“ゴーイングマイウェイ”な美輝に徐々に惹かれ恋に落ちていくが、今回演じた俊也との意外な共通点とは――?

「トンカツが好きなところ。僕も勝負ごとの前は必ずトンカツっていうくらい好きで。あんなにキレイな人(美輝)をトンカツ屋に連れていく俊也も面白いですよね。もっとオシャレな懐石料理やカウンターとかあるじゃないですか。でもそれで喜んでいる彼女もカワイイと思います」

 恋の“リベンジ”のために総理大臣を目指していくヒロイン。同じような経験ってある?

「僕は好き嫌いがハッキリしているので。失恋したから相手を見返してやろうとか、そういうのはありません」

 でも俳優業のきっかけは、まさに“リベンジ”だったそう。

もともと歌手になりたくてボーカルオーディションを受けたんですけど、落ちてしまって。でも、それがきっかけでHIROさんに声をかけていただいて、いま俳優として活動できているんです。夢の挫折がなかったら、今の自分はいないと思います」

鈴木伸之 撮影/廣瀬靖士
すべての写真を見る

 思わぬ縁でつながった俳優への道。新しい作品へは過去の自分を見返す気持ちで挑んでいる。

「もっとああすればよかったとか、必ず“後悔”がつきまとう仕事だと思っていて。だから常に前回と同じ失敗はしないぞ、という気持ちを大事にしています」

 現在25歳。今後はどう年を重ねていきたい?

“常に昔が恥ずかしい大人”でありたいな。昔はセリフもない作品ですごく怒られたりしたこともあったんですが、今となってはいい思い出。“よくあんなことしてくれたよな”って自分に思えるくらいの勢いで、何ごとにも挑戦していきたいです」

 クリスマスの思い出を教えて!

「昔、当時お付き合いしていた彼女とクリスマスイブにイルミネーションを見に行ったんですけど、めちゃめちゃ混んでいたせいでケンカになって別れてしまったんです(苦笑)。近年はクリスマスディズニーに憧れているので、機会があったらぜひ行ってみたいです。

子どものころはイブの夜から目を覚ますと枕元にプレゼントが置いてあって、うれしかったなぁ。サンタさんからはプレステとかをもらったんですけど、おばあちゃんは“はい伸くん、クリスマスプレゼント”ってお金渡してきましたからね。サンタも夢もない!(笑)」

<出演情報>
映画『リベンジgirl』
12月23日(祝・土)全国公開