香川はソックリさんと対面

 リフレッシュのためにサッカーを離れる人もいるなか、誰よりも早く練習を再開していたのは、スペインのチームに所属し、今大会で2得点を挙げた乾貴士だった。

舞洲グラウンドで練習に参加した乾。誰よりも朝早く登場した日もあった

古巣のセレッソ大阪での練習に7日から3日間連続で現れました。ほかの日にも練習に参加しています。毎年スペインのオフシーズンのときは日本に帰国し、セレッソのユニフォームを着てスタジアムに現れるので“謎の練習生”と呼ばれているんです(笑)。

 この3日間のうちに乾選手の息子さんの誕生日もありましたが、練習後にセレッソのスタッフ家族らと一緒にプールへ行き、夜は合同食事会も行ったそう。普段は単身赴任をしているので、練習とお子さんとの時間、どちらも大事にしているようです」(セレッソ大阪関係者)

 同じくセレッソ出身で、初戦のPKを落ち着いて決め、ベルギー戦では乾へのアシストでみごとな連携を見せた香川真司は、まさかのあの人と会っていたようで……。

「香川さんのモノマネでおなじみの浅野智秋さんが、《香川選手関係者のおつかれさま会に呼んでいただきました!》とSNSで明かし、ツーショットを掲載。'15年に初めて対面し、今回で3回目だそう。香川選手を前にすると浅野さんは“あまりボケられない”と、緊張感がすごかったみたいです(笑)」(前出・芸能プロ関係者)

香川(左)と浅野(右)のそっくりツーショット(浅野インスタグラムより)

 そんな香川とともに、日本のトップ下を背負って立った本田圭佑。“持ってる男”は今大会でも得点を決め、日本史上初となる3大会連続ゴールという記録を打ち立てた。

 ワールドカップ後には香川とのツーショットをSNSに投稿。《シンジ、メディアには関係悪化されるような書かれ方を沢山したけど、俺はずっとお前を認めてたよ》とコメントして、ファンからは称賛の声が巻き起こった。

本田選手はかねてから、メディアの一部報道が自分の意に沿わないことがあったり、質問の意図に疑問を抱いたり、事実と異なることがあったりすることについて、SNSで苦言を呈してきました。

 そんな彼が“本当のメディア”を目指して試験的に行ったのが、『REAL Q』というプロジェクト。ファンから寄せられた質問に、日本代表の選手が答えるというものです」(前出・スポーツ紙記者)

柴崎は結婚

 1080円で会員登録をすれば、好きな選手に好きな質問ができる。ファンは“聞きたい”と思う質問に投票するため、ファンがどんなことに関心を持っているのかわかるというシステムだ。この件について一部週刊誌では“新ビジネス”として報じられていたが、実際は違ったようだ。