ガラスのハートを支える運命の人

 21歳のとき、人生を変える出会いがあった。

 バブルの時代で、はとバスも人手不足。大学生のアルバイト添乗員としてやってきたのが、のちに結婚する荒木拡光さん(49)だ。

 拡光さんは熊本出身。長崎出身の荒木さんとは同じ九州人ということで、すぐに意気投合。しかも荒木さんにとって、拡光さんはど真ん中。「好みの顔」だったという。

 当時の様子を拡光さんに聞いてみた。

「昔はうぶだったから、彼女に押しに押された感じはあります(笑)。彼女はすごく社交的で、初対面でも誰とでも仲よく話せる。自分にないものを持っていて、本当にうらやましかったです。同性からも異性からも好かれて、かわいがられて頼られる。若いころから世話焼きでしたね。

 ただ、外では元気いっぱいだけど、意外と精神的に弱い面はあります。ちょっとした他人の言葉を気にして、ダメ出しをくらったみたいに考え込んだりして」

 横で聞いていた荒木さんはすかさず応える。

「ガラスのハートなの。彼はあまりしゃべらないけど、この人がいれば大丈夫だという安心感があります。私はせっかちでパッと決めちゃうタイプだけど、彼はいつも冷静だし。お互いに出ているところと引っ込んでいるところが違うので、いいのかも」

夫の拡光さんと。2人で出かけて外を歩くときは、いつも手をつないでいる仲よし夫婦
すべての写真を見る

 拡光さんは大学を卒業すると地元、熊本の会社に就職。荒木さんも佐世保に戻った。オープンしたばかりのハウステンボスに就職して、テーマ館を案内したりイベントの司会をしたり。結婚式の司会もして、MCの経験を積んだ。

 結婚するまでの5年間は、車で3時間の中距離恋愛を続けた。

「ドリカムの『ア・イ・シ・テ・ルのサイン』の歌詞をまねして、彼が熊本に帰るときは、5回ブレーキランプを点滅してもらって。アハハハハ。会えばうれしいし、別れるときは寂しいし。会えない時間が愛を育てるので(笑)」