※写真はイメージです

 何億円もの大金を一瞬で稼ぐ人もいれば、一夜にしてすべてを失う人もいる。そんなカジノの現場を長年見続けてきたのが、6年前からマカオのカジノで日本人エージェントとして働く尾嶋誠史氏だ。

 10月に『カジノエージェントが見た天国と地獄』(ポプラ新書)を上梓した尾嶋氏に、カジノ界における衝撃エピソードの数々や、現在、議論が白熱する日本のカジノ建設について伺った。

大金持ちが豪遊する『VIPルーム』の存在

――『カジノエージェントが見た天国と地獄』のなかでは、カジノの仕組みやその裏側、尾嶋さんご自身がマカオのカジノで見聞きした事件について語られています。尾嶋さんは6年ほど前からマカオのカジノでエージェントとして働かれているそうですが、カジノのエージェントとはどんな仕事なんでしょうか?

尾嶋 カジノには、大きく分けると2つのフロアがあります。ひとつは、カジノ会社が運営する、誰でも入れる一般フロア。もうひとつは、『ジャンケット』という組織が運営する、富裕層向けのVIPルームです。私は、後者のVIPルームをご利用のお客様に、カジノやホテル、飲食店などをアテンドをする仕事をしています。

――一般フロアとVIPルームでは何が大きく違うのでしょうか?

尾嶋 いろいろと差はありますが、一番大きいのは賭け金の違いですね。一般フロアでは、日本円で約150円前後と少額な賭け金から遊ぶことができます。対してVIPルームでは、1ゲームに1000万円以上のお金が賭けられている光景も珍しくありません。

 また、一般フロアでの賭け金の上限は高くても2000万円台ですが、VIPルームの場合には、5000万円以上に引き上げられることもしばしば。ですから、相当な資産家であり、かつ、我々のようなエージェントからの紹介がないと、VIPルームでプレイすることはできないのです。

 それから、高額な保証金も必要で、入場時には少なくとも10万香港ドル(約140万円)の一時保証金を預けなければなりません。さらにVIPルームでは、チップを1枚購入するのに最低でも1万香港ドル(約14万円)かかるので、一度の滞在で1億円以上を使う人もザラにいます。

カジノ界の“天国と地獄”に驚愕!

――とてつもない世界ですね。実際に尾嶋さんがご覧になったなかで、印象深いお客さんにはどんな人がいましたか?

尾嶋 まず頭に浮かぶのが、たった10分間で1億円を失った方ですね。中国の資産家である40代の男性で、おもちゃメーカーを経営されていました。細身でいつも笑顔を絶やさず、柔らかなイメージがありましたが、彼はとにかくカジノが大好き。マカオにやってくると、「酒よりもゴルフよりも、まずカジノ」という方でした。