『僕らは奇跡でできている』フジテレビ系火曜夜9時〜
 高橋一生がマイペースで変わり者の動物学者を演じるコミカル・ハートフルドラマ。事件も起きず刺激的な展開もないけど、飄々とした高橋やほっこりした内容にハマる人がジワジワ増えているドラマの見どころは――。

トリックもスリルもなし、穏やかな空気感を提供

 “生き物はすべて、さまざまな奇跡が重なってできたもの”。生き物の“フシギ”が大好きな大学講師と、彼とふれあうことによって、自分の中の無垢な気持ちに気づいていく人々を描いたコミカル・ハートフルドラマ。

 主人公の相河一輝を演じるのは、民放GP(ゴールデン・プライム)帯初主演の高橋一生。共演は“こじらせぎみ”の歯科医・育実役を榮倉奈々、住み込み家政婦の山田役を戸田恵子、一輝の恩師・鮫島役を小林薫がそれぞれ演じる。

発見が多く、相河一輝を通して生き物の世界を見ている最中です」(高橋)

 脚本は『僕の生きる道』『僕と彼女と彼女の生きる道』『僕の歩く道』の“僕シリーズ”の橋部敦子のオリジナル。

「橋部さんとお会いしたとき雑談で、ひまわりの種の並びを数えると、フィボナッチ数列という黄金比になっているなど、生き物の話をして意気投合したのが、そもそものきっかけです。

 こうした生き物の雑学もたくさん盛り込んでいるのでお楽しみいただけますが、本作にはメリハリのきいたトリック、勧善懲悪やスリリングな展開もありません。画面から伝わってくる、穏やかな空気感をお楽しみいただければうれしいです。

 新しいチャレンジだったのですが、視聴者の方は一輝はじめ登場人物のキャラクターや人間関係を面白がったり、生き物の不思議な話に興味を持ったりと、いろんな感じ方、楽しみ方をしてくれているようです

 と、豊福陽子プロデューサー。

 一輝は興味のあることや好きなことには夢中になる一方、不得意なものは先送り、人の話を聞かない、空気を読むこともしないマイペース人間。

 だが、一輝のピュアな心は、次第に周囲の人たちの気持ちを動かしていく。

「本作では、何も起きてないかのように見えますが、目線を変えると、生き物の世界では小さな事件がたくさん起きているんです。

 動物学者の一輝が目を向ける“フシギ”は、専門家としての対象だけではありません。私たちの足元にもあるものなので、ご覧になったみなさんも、ちょっと立ち止まってご自分の身の回りの小さな“フシギ”に目を向けていただければ。そこには思わぬ新しい世界が広がっているかもしれないし、楽しみが増えるかもしれません!」(豊福P、以下同)