キム・ヒョンジュン 撮影/キム・ジヒョン

 韓国発の5人組ボーイズグループSS501のリーダーとしてアジアで人気を集め、'10年には初主演ドラマ『イタズラなKiss~Playful Kiss』でIQ200のツンデレ高校生を演じ、多くの女性の心を奪ったキム・ヒョンジュン(32)。

 演技でも期待される彼が約4年ぶりにドラマ『時間が止まるその時(原題)』で俳優復帰。指をパチン! と鳴らしただけで時間を止めることができる不思議な力を持つムン・ジュヌをミステリアスに演じている。

「ジュヌは過去の記憶を失い、孤独に生きている人物です。彼が住むことになるマンションのオーナー、ソナと出会って自分の正体を探りながら彼女への恋心が芽生えていくんです。

 ジュヌは古美術を修復する仕事をしているのですが、職業はあまり重要ではないようで (笑)。僕が時間を止めることで、人々が忘れていた感情や関係を思い起こす部分をポイントにして見ていただくと、ドラマを楽しんでもらえると思います

 ヒロインのソナ(アン・ジヒョン)は亡き父が遺したマンションを管理しながら、同時に父の借金の返済に苦心する日々。若くして苦労を重ねる彼女を、ジュヌが時間を止めて助けたことから、ふたりの心の交流が始まる。

「ソナのキャラクター自体が、現代の20代女性の姿を代弁しているように思いました。みんな働きながら懸命に生きなくてはいけない時代ですよね。借金を抱えてひとりで頑張っていた彼女がジュヌと出会って自然とお互いに助け合うようになるんです。

 このドラマをご覧になった方が、毎日慌ただしく過ごしているなかでも、人との縁が大切なんだということを改めて感じ取ってもらえたらと思っています

 無愛想だけど人間味あるジュヌを魅力的に演じているヒョンジュン。彼がソナにとって癒しのような存在になっていくのだ。

「ジュヌは彼女に特別よくしてあげるタイプじゃないんです。ツンデレキャラというか(笑)、見えないところではしっかり助けてあげたりもするんですけど。孤独だったジュヌもソナと出会ったことで、忘れていた愛という感情を思い出していくんです」