ベスト丈は上半身:下半身=1:2
着こなしのバランスは上半身:下半身=1:2が目安。身長160cmの金子さんはトップス52cmがベスト丈

 ブログで何度か開催しているのが、「〜選手権」という企画。「このパンツにはどの靴が合う?」「このトップスにはどのパンツが合う?」などのテーマをもとに、いくつかコーディネートを載せ、毎回、読者の方に好きな1点を投票してもらいます。

 2年前の「トップス選手権」の時、同じスカートにさまざまな丈のトップスを合わせる中で、トップスの着丈が全身のバランスの要になることを発見! 

 研究の末、身長160cmの私には、気になるおなかが隠れ、脚が長く見える52cmがベストという結果に。目安は「上半身:下半身が1:2」。ベスト丈を知ったら、その服ばかり着たくなるから、ぜひ試してみて。

スカート丈は身長の半分以上
スタイルを良く見せるスカート丈は、身長の半分以上

 数年前までは、デニム一辺倒だった私が、50代半ばにしてスカートをはき始めました。はいてみると、まるでおじさんみたいな服装ばかりだった私でも、ウキウキするのです。夫もスカートをはくと何だかうれしそうだし、娘も「スカート、かわいいね」って言ってくれる。これは、はくっきゃないでしょう!

 たくましいふくらはぎを隠し、細い足首だけを見せるため、丈は身長の半分以上、私なら80cm以上を選びます。80cmより短いスカートは、潔く手放しました。丈はだんだん長くなっていて、最近は88cm以上のマキシ丈が好み。ハリがある生地だと広がって乙女チックになってしまうので、落ち感がある素材を選ぶのがポイントです。

 

コートは長め丈を選ぶ
「薄手素材の長め丈」で体型カバーしながら女らしさを

 これまでいろいろなコートを着てきましたが、自撮りした写真を見ていて、中途半端な丈はバランスが悪いことに気づきました。  

 短め丈のコートは、私が好きなワイドパンツに合わせるのはむずかしい。あこがれていたトレンチコートはかっこよすぎて、普段着にはミスマッチ。試着をくり返した結果、ワイドパンツと相性がよく、着ぶくれしない薄手素材の長め丈が定番に。  

 長すぎると重い印象になるので、ベストは115cm。パンツやスカートのすそが少しだけのぞく長さです。出すのは、細い三首(首、手首、足首)だけ。おなかやふくらはぎなど、体型の悩みをすべて隠すことができる上、女らしく見えるのもいいところです。