写真左から橋本環奈(福岡県出身)、佐々木希(秋田県出身)、新垣結衣(沖縄県出身)

秋田美人」「京美人」……地域らしさを持ち合わせる美女を形容する言葉は昔からいろいろあるが、では実際にどの都道府県が一番美人を輩出しているのか?

 9月に発表された「美男美女が多いと思う都道府県ランキング」(出典:gooランキング)で、トップ3は1位・秋田県、2位・福岡県、3位・沖縄県となった。芸能界を見ても、秋田県出身は佐々木希、加藤夏希、生駒里奈。福岡県は橋本環奈、吉瀬美智子、黒木瞳。沖縄県は新垣結衣、仲間由紀恵、黒木メイサなど、3県出身の美女は多く、納得の結果であった。

※クリックするとランキング結果ページにジャンプします

 一方、ランキングワースト3は42位・茨城県、山梨県、長野県、岐阜県(以上同票)、46位・香川県、47位・岡山県が争う結果に。

 果たして、実際に都道府県によって美人の多さや質は変わってくるのか? 美容整形外科「高須クリニック」高須克弥院長に話を聞いた。

――美男美女が多いと思う都道府県トップ3は、秋田、福岡、沖縄でした。院長はこの結果をどう思いますか?

高須「確かに、イメージで言えば、色が白い秋田、出身スターも多い福岡、エキゾチックな顔立ちの沖縄ってイメージはあるね。でも、本当にそうかな?

――もしかして、トップにランクインしていなくても、院長的にここは美人が多い! という都道府県があるのでしょうか?

高須「違う違う! ボクが思うのは、昔の人は移動せず、ずっと定位置で住んでいて、見た目はもちろん風習・性質も含めて地域に特性があった。でも今は日本全国どこでもネットがつながるし、飛行機や新幹線など交通網の発達でどこへでも日帰りレベルでスイスイ行けちゃう。すると日本全国、カルチャーもルックスも均一化が起きるんだよ

――均一化ですか。すると、もはや地域差はないということでしょうか?

高須「昔は、濃いめ・ホリの深い顔立ちの縄文顔、浮世絵みたいなあっさり系の弥生顔とあったんだけど、それが全国各地、ミックスされていると思うね。ただ、個々の遺伝子はあるから、“〇〇っぽさ”が出ることもあるとは思うけど」