加藤剛さん

 加藤剛さんは胆のうがんで6月に亡くなったが、その事実が知られたのは翌7月。

「死の発表を前に家族葬を行ったのは、目立つことを嫌う加藤さんの意向でした。ただ、お別れの場を設けてほしいという要望が多く、9月30日にお別れの会が開かれると、1000人を超える役者やファンが集まり、故人を偲びました」(演劇関係者)

2人の息子が語る父

 誠実で高潔な大岡越前の役柄は、加藤さんの人間性そのものに見える。長男の夏原諒は、尊敬する父が亡くなった後で身体に異変が。

「視野が狭くなったんです。1か月ほどの間、左右がよく見えていませんでした。ショックでこういう症状が出ることもあるんだそうです。今も、ふとしたときに父が自分の中に住んでいるような気がします。芝居をしているときも客席ではなく僕の頭のすぐ横にいて何か話しかけてきます」

 次男の加藤頼は、今も毎日写真と会話している。

「まだ“遺影”とは言いたくないんですよ。今日どこに行くとか、生きていたころと同じような会話です。口数の少ない人でしたから、何と答えてくれるかわかるんです」

 加藤さんの最後の演技は、今年2月に公開された綾瀬はるか主演の映画『今夜、ロマンス劇場で』だった。

「私が付き人として同行したんです。そのときの撮影は、病院で亡くなるシーンでした。擬似体験だったんですね。

 帰りの車中で“病院に長く入るのは嫌だな。苦労をかけたくない。ずっと家族といたいな”と話していました。父は監督に“僕の最後の作品になります”と言っていたそうです。これは芝居ではない、ひとりの人間の死に方だと感じました」(頼)