すっかり珍しくない存在となった二世タレントたち。テレビで見ない日がないほど大活躍している。

「昨年、ブレイクした二世の代表格といえば、木村拓哉さんと工藤静香さんの次女・Koki,さんでしょう。昨年5月、ファッション誌『ELLE JAPON』でモデルデビューし、8月には日本初かつ歴代最年少で『ブルガリ』のアンバサダーに。大手飲料水メーカーのCM出演を果たすなど、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いです」(スポーツ紙記者)

 昨年1月、芸能界デビューとほぼ同時にCMに起用された二世が、小日向星一だ。

「星一さんは、ドラマや映画にひっぱりだこの実力派俳優・小日向文世さんの息子です。昨年1月1日から放送されたいすゞ自動車小型トラック『エルフ』のCMで親子共演を果たし、文世さんそっくりのやさしい顔つきが話題になりました。今年は松田龍平さん主演の舞台に出演も決まっています」(芸能プロ関係者)

 星一の所属事務所に話を聞こうとしたところ、

そのような取材を受けさせていただくのはまだ早いと考えております。今年はまずは役者としての地固めの年です

 とのこと。

 父のような、いぶし銀の演技が光る名バイプレーヤーになることを期待したい。

Matt

Matt

 デビューのきっかけは親の七光でも、その後は親に頼らずに独自の路線を突き進んでいく二世も少なくない。

 昨年、奇抜なビジュアルで注目を集めたMattは、プロ野球界のレジェンド・桑田真澄の次男。

「父親の桑田さんとあまりにもかけ離れたビジュアルが話題となり、日本テレビ系のバラエティー番組『踊る! さんま御殿‼』や『しゃべくり007』など多くの人気番組に出演しました。さらに、その美意識の高さから、美容雑誌『VOCE』にビューティーマニアというモデルとしても登場しています」(テレビ誌ライター)

 そんなMattに目標としている人物を聞いてみると、

「目標の人はつくらないようにしています。なぜかというと、オリジナリティーがなくなるからです。独自の感性を大事にするように心がけています」

 二世でトクしたことがあるか、という質問に対しても冷静な答えが返ってきた。

“経験者”が家にいるということは、とても心の支えになっています。何か問題や悩みごとがあった際は、的確なアドバイスをしてくれて、本当に助かっています。

 小さいころから父が仕事をしている姿を見たり、現場にも連れて行ってもらったりしていたので、人前に出るときの責任感や他人との接し方が自然と身についていました。なので、初めてテレビに出たときや、アクシデントが起きたときも、緊張せずに冷静に考えることができました

 自分の恵まれた環境に対しては、

「人一倍、努力しなくてはいけないと思っています。この家に生まれてよかったと思っていますし、好きなことができる環境にいられることはとても幸せなことです。今いる場所でベストを尽くしていきたいです」

 この謙虚さは父・桑田から学んだという。

「有名になりチヤホヤされると、天狗になる人がほとんどですが、父はいつどんなときでも謙虚な姿勢で、誰に対してもやさしく振る舞い、人を幸せにしています。そんな姿にいつも感動しています」

 今年は音楽をメインに活動していくというMatt。一昨年は『FNSうたの夏まつり』(フジテレビ系)でピアノ演奏を披露して視聴者を驚かせたが─。超進化し続けるビジュアルだけでなく、音楽家としての彼にも注目してみたい。