日下部和博容疑者。逮捕時と違い細身だ(卒業アルバムより)

 1日未明、東京・原宿の竹下通りに軽自動車で突っ込み、19~51歳の男性歩行者8人を次々にはね重軽傷を負わせ、殺人未遂容疑で逮捕された日下部和博容疑者(21)。

「灯油を人混みに噴射して火をつけようと思った」などと大量殺人の計画を供述しているという。実際車内からポリタンクに入った灯油約20リットルと、ライターがノズルの先端にテープで巻かれた高圧洗浄機が見つかった。

 大阪ナンバーのレンタカーで大阪府寝屋川市の祖母宅を出発したのは大みそかの朝7時、事件の17時間前だった。

「家族がほんまかわいそうや」

 祖母宅の近くに暮らす70代の女性は、

「昨年4~5月くらいかなぁ、一緒に住み始めたのは。3月末か4月頭くらいに、おばあちゃんが“孫が来るんや”ってうれしそうに話していたのを覚えていますから」

 と振り返る。祖母宅の前に日下部容疑者が暮らしていたのは大阪府枚方市の実家。5年ほど前に父親が40代後半で亡くなった後、しばらくは母親と暮らしていた。

「事件があった日は家に明かりがついとったけど、今は明かりもつかんし暗いままや」

 そう話すのは実家の近所に住む70代の女性。母親が暮らす家に出入りする中年男性を、日下部容疑者の父親と思い込んでいたそうで、

「日下部さんと深いお付き合いもないし、ゴミ捨て場であいさつする程度。逮捕された子がどこにいるかも知らなかった。容疑者には年の離れた弟さんがおってな。こんな事件起こして、家族がほんまかわいそうや」

 祖母宅で暮らす日下部容疑者は時折、リュックを背負い出かける姿が近所の住民に目撃されていた。当初、孫が来ると喜んでいた祖母だったが、やがて「咳をするようなすごい声が聞こえるようになってきた」と前出・70代の女性は祖母宅での異変を明かす。