新婚・万智&屋代のスイートホームは?

 第2話(1月16日放送)では、万智はネットカフェ難民の老女、神子巴(泉ピン子)に家を売ろうと画策する。

ネットカフェ難民の老女は手強い曲者で…
すべての写真を見る

 今後はLGBT、働き方改革など現代社会の問題を盛り込みつつ、万智が家を売る姿を1話完結で描いていく。

「万智が家の売買を通して現代社会を斬っていくお仕事ドラマですが、前作で気づいたのが万智と屋代のキスとか、万智のことを庭野が好きになるとか人間関係の進展を楽しみにしている方が多いんです」

 万智と屋代は新婚だが、“課長”“三軒家君”と呼び合うなど夫婦関係とその描き方は独特。

「万智と屋代の家のシーンは出てきません。どんな暮らしをしているのかは、ふたりの会話や屋代がバーで愚痴るのを手がかりに想像するしかないんです。

 実は、ほかメンバーの家も一切、出てこないんです。クライアント以外の家を出さないのは、ひそかなこだわりです

 万智が庭野らに指令や命令するときに目を見開いて叫ぶ“GO!”も、さらにパワーアップ!

「風を起こすタイミングがポイントなんです。失敗すると衣装や髪が乱れてしまうし、目が乾くこともあるので何度も撮り直すわけにはいかず毎回、真剣勝負で緊張感があります」

 万智はフルコースの朝食を作り、夕食には世界各国の本格的な料理を作り置きするなど強烈キャラが際立つが、彼女にとってそれらは普通のことだそう。そして意外なことに彼女は“普通の幸せ”を望んでいる。

結婚してパートナーと幸せになりたいと思っているけれど、度が過ぎちゃうんですね。無理をしているわけではないけど、人とはずれてしまう。普通に生きることを夢見ている万智がどうなるのかもお楽しみに

◆マスコットキャラは隠れたキーマン?

 テーコー不動産のマスコットキャラクターで、お相撲さんの格好をした“住もう君”。シーズン1からひそかに人気だったが、今回も住もう君が大活躍!?

テーコー不動産のマスコットキャラクター・住もう君

「私も大好きです(笑)。劇中に出てくる“住もう君まんじゅう”は、一般販売され、日テレショップでも買えます。物語では住もう君のブロンズ像が事件に巻き込まれますので、ご注目ください!」