効果的な治療・予防法は?

 初期症状に乏しい糖尿病は検診で調べなければ見つからない。早期発見で治療につなげることが重要だ。

インスリン注射をしている人の糖質制限は低血糖発作を起こすおそれが。始める前に医師に相談を ※写真はイメージです
すべての写真を見る

 糖尿病は治療・予防ともに「食事療法と運動が基本です」と井上先生。

「食事療法と聞くと糖質制限を想像するかもしれませんが、大事なのはバランス。私のクリニックでは、総カロリーの55%は糖質でとるよう指導しています」

 食事量の目安は、職種や運動量によって変わるものの、体重1キログラムあたり25~30キロカロリー。例えば、体重50キログラムで家事中心という生活の場合、1日1500キロカロリー程度になる。

「とり方にもコツが。ホルモンの影響で代謝が低下する夜は太りやすい。夜の食事量を少なくしましょう

 忙しいと、ついやってしまいがちなドカ食いも厳禁。

「空腹時にお米などの糖質を急にとると、血糖値が急激に上がりインスリンが一気に放出されて、すい臓の疲弊につながってしまう。これを防ぐには、野菜から食べて血糖値の上昇をゆるやかにする“ベジファースト”を心がけましょう

 運動も欠かせない。インスリンの分泌を促進させる効果があるからだ。

「階段を使うこと。散歩も2割ほど脈が上がる程度の早足がベストです」

 最近は、糖質を尿にして体外へ排出するSTLG2阻害薬という画期的な新薬も登場、体重管理が比較的楽になりつつある。

「まずは、なんでも相談できて身体のことを知っている、かかりつけ医を持つことをおすすめします」


糖尿病の主な合併症

【3大合併症】
糖尿病網膜症
……高血糖状態が続くことで目の中にある網膜の血管が損傷を受け、出血や視力低下を引き起こす病気。失明の大きな原因に。

糖尿病性腎症……糖尿病によって腎臓の毛細血管がむしばまれ、身体の老廃物を尿として排泄する機能が失われる病気。透析治療が必要な場合も。

糖尿病神経障害……高血糖により手足の神経に異常をきたし足の先や裏、手の指にしびれや痛みが出現。進行すると足の組織が死んでしまう可能性が。

【その他】
高血圧、脂質異常症、骨粗鬆症、歯周病、脳梗塞、狭心症・心筋梗塞…etc.