(写真左から)小野賢章、下野紘 撮影/坂本利幸

 1月からスタートし、話題を集めているアニメ『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』(ABCテレビ、TOKYO MXほか)。人との関わりを避け、自分の世界に閉じこもって生活する小説家・朏素晴(みかづき・すばる)と、人に捨てられ、過酷なノラ生活を生き抜き、ひょんなことから素晴と一緒に暮らし始めるようになった猫のハルが織りなすストーリーに、「癒やされる」「心がほっこりする」という声が集まっています。

 今回は、素晴を演じる小野賢章さんと、素晴の担当編集・河瀬篤を演じる下野紘さんとの対談が実現。演じているキャラクターのことや演じる上で意識していること、また「お互いを犬か猫に例えると?」という質問にも答えてくれました!

僕は賢章くんの演じ方がすごく好き

──おふたりが演じていらっしゃる素晴と河瀬についてお聞きしますが、それぞれのどんなところが魅力だと思いますか?

小野 よくこんな「自分のことは放っておいてくれよ」というキャラクターにみんな心も折れず……いえ、心も折れながら関わってくれるなと毎回収録していて思います(笑)。

下野 基本的に周りの人は気にしていないよね。「やめてくれ!! 関わるな!」と言われても「どうした!?」って人が多いよね。

小野 でも、周りにそういう人がいてくれて素晴はすごくラッキーだったなって思います。そういう人たちと関わることによって、自分のダメなところにしっかり気づける。それによって素晴なりに変わっていこうと努力をしていく。そんなところに素晴の良いところを感じないと……。

下野 感じないと!?

小野 良いところがなくなっちゃう(笑)。逆に、素晴がいるから周りの人の印象が良くなるというか。

下野 そんな素晴に対して、河瀬は世話好きというかお節介というか。担当編集とはいえ、親身になり過ぎなくらいに積極的に素晴に関わりますよね。

小野 良い人すぎる(笑)。

下野 とにかく良い人なのが彼の魅力でもあるし、かつ素晴よりも年上なので、いろいろなことが見えていて、急に大人びた瞬間があるのも魅力なのかなと思います。

小野 ふいに大人になる瞬間が、下野さんのお芝居の幅で非常に上手に表現されている気がします。すみません(笑)、誰目線みたいな感じなんですけど、すごくそう思います。

下野 いやいや(笑)。僕は素晴は魅力的だと思うよ。他人から見ると心配になるくらい儚(はかな)いところがあるし、放っておいてくれって言葉には出すけど、放っておかせないところが。そこからハルや他の人と出会うことで少しずつ変化していこうとする。その少しずつ具合がね……僕は賢章くんの演じ方がすごく好き。思っていた以上に、「こいつ人と接するのがダメなんだな」って素晴を演じるときに出しているんですよね。そして時折見せる心を開く瞬間が、良い言葉が思い浮かばないけど……萌えかなって(笑)。

小野 萌えって(笑)。