中江有里さん 撮影/坂本利幸

 女優であり作家としても活躍中の中江有里さんが、6年ぶりの小説『残りものには、過去がある』を刊行した。物語の舞台は、若く美しい花嫁と、カバのような体形の中年男性との結婚披露宴が行われている老舗ホテル。

 披露宴会場のテーブルのひとつはワケありの招待客の席で、幸せの絶頂にいるかのように見える新郎新婦には、2人だけの秘密があった……。本作は披露宴に集った人々の人生を通し、家族や幸せのあり方を問いかける連作短編集だ

儀式としての結婚式に興味があった

「私自身、結婚式に出席するのが好きなんです。式場には知らない人がたくさんいて、でも、誰もが新郎新婦のなんらかの関係者で、自分もそこに着飾って出かけていく。

 これってちょっとした非日常的な体験ですよね。以前から結婚式というシチュエーションがおもしろいなと感じており、1度、小説にしてみたいと思っていたんです」

 中江さんはもうひとつ、結婚式におもしろさを感じる点があるという。

「人は成長過程において、入学式や成人式といった儀式があって“おめでとう”と祝ってもらえますよね。でも、二十歳を過ぎると還暦まで、無条件に祝ってもらえる儀式はないんです。そんな中で結婚式というのは、自分たちで計画して自分たちを祝う儀式ですから。ひとつの儀式としてもすごく興味がありました」

 本作は6編の短編から構成されており、1作目の『祝辞』は、祝辞を述べる新婦の友人、栄子の視点で描かれている。実は、栄子はレンタル友達だった。

「ニュースを見ていたときに、インスタグラムでリア充生活をアピールするためにレンタル友達を雇っている人がいることを知ったんです。それからレンタル友達のことを調べはじめ、栄子の設定に生かしました」

 栄子は初対面にもかかわらず、新婦が思わず涙を流すほどの祝辞を読む。

「小説を書きはじめるときに考えていたのは、物語の舞台とおおまかな登場人物くらい。展開や細かいエピソードなどは、書きながら考えていきました。私は自分がおもしろいと思うものを書きたい気持ちが強いので、先の展開をあまり考えず、私自身が思わぬ方向へ引きつけられるようにと意識して書いているんです」

 2作目は新郎の友人、3作目は新婦のいとこと、物語が進むにつれて視点人物は少しずつ新郎新婦に近づき、2人の過去が見えるような構成となっている。この作りも書き進めることによって自然に組み立てられていったという。

「俳優業をしているせいなのか、登場人物の過去がすごく気になるんです。役者としてひとりの人間を演じるときには、その人がどんな親に育てられ、どういう学生生活を送り、どんな出来事があって今にいたっているのかを考えて、履歴書に書いたりもします。

 小説の登場人物も、過去があって今がある。例えば、『祝辞』の栄子なら、“彼女はどうしてレンタル友達として祝辞を読まなければならないのか”と逆算して考えながら、登場人物たちの身の上を確立していきました