erica 撮影/北村史成

 2月20日にニューアルバム『告うた3~あなたへ贈る歌2~』をリリースしたシンガーソングライターのerica。

 ‘03年の大ヒット曲『明日への扉』を生み出した『I WiSH』のnaoがプロデュースしながら、これまで彼女が世に送り出してきた恋愛ソングは、YouTubeでの総再生回数が約8000万回を記録中。“半径2メートル以内の恋愛”をテーマとした楽曲の数々は、主に中高生の女子から絶大な支持を受けている。

 今回のインタビューでは、そんなericaのこれまでの軌跡や下積み時代の思い出、さらには“恋愛のカリスマ”と思われがちな彼女の意外な「恋愛遍歴」など、その“素顔”に迫ります!

唯一の娯楽は

「山梨県の北杜(ほくと)市というところが出身地なのですが、山梨の中でも本当に何もないド田舎なんです。バスは1時間に1本、コンビニは歩いて1時間、ある場所をすぎると街灯や信号もなくて、夜7時にはあたりは真っ暗になっちゃうような家に住んでたんです。上京するときは、ニューヨークに行くような感覚でした(笑)

 自宅の周りには、カラオケやゲームセンターなどはもちろんなく、ericaの唯一とも言える娯楽は、意外にも「ラジオ」だった。

「田舎すぎて、テレビ番組すらほとんど放送していなかったので、音楽を聴くのはいつもラジオからでした。“いい曲だな~”と思っても、その歌手が売れているのかも、どんな顔なのかもわかっていませんでしたね(笑)。

 好きな曲を録音して、3歳のころから続けていたピアノで真似しながら弾いていることが楽しくて。ラジオ番組っぽく自分でパーソナリティーになって、“次の曲はericaで○○”とか言いながら、自分で好きな曲を弾いたり。

 私の場合は、誰かに憧れて歌手になろうとかではなく自然と、音楽が当たり前なものになって、同時にとても大切なものだったんです

 デビューのきっかけは、二十歳のときにレコード会社や音楽雑誌にデモテープを送ったことから。彼女の歌声を聴いたnaoが、プロデュースに名乗りを上げたのだ