写真はイメージです

 主婦に特化した人材サービス『しゅふJOB』(事業運営者:株式会社ビースタイル)の調査機関しゅふJOB総研が2018年11月に実施した調査によると、専業主婦・主夫であることに、後ろめたさや罪悪感のようなものを覚えたことが「ある」人は25.4%、「少しはある」人は31.2%、「ない」人は41.7%。半数以上は後ろめたさや罪悪感を覚えたことがあると答えている。

専業主婦はなぜ後ろめたい?

後ろめたさを感じたことのある理由は、

「自分の稼いだお金でないと何となく自由に使うのに気がひけます」
「経済的に依存している気がして、罪悪感がありました」

 など、経済的自立がないことに起因するものが多い。

「専業主婦だとお金持ちと思われることがあるのが嫌だ」
「夫に、人の稼いだ金で楽をしていると言われた」

 など、第三者や夫からの見られ方を気にする声もある。

この連載の一覧はこちら

 それでは収入のあるワーキングマザーはどうかというと、職場では同僚より早く帰らないといけないことに後ろめたさを覚えたり、保育園では子どもを預ける罪悪感を覚えたりしている。働く女性も、専業主婦も、どちらも100%ハッピーというわけにはいかない。

 一方、主婦調査では後ろめたさを感じたことがないとの回答もある。そこでは、家事労働・ケア労働は無償であっても大事な仕事であるということに加え、 “働いていてはできないこと”の価値を肯定的に捉える声が上がる。

「主婦も立派な仕事なので」
「子育ても家事も間接的に収入につながっているから」
「1日中子どもの面倒をみるより、外で働いているほうが楽だとずっと思っていた」
「子どもたちの成長のすべてを見ることができたから」
「仕事をしていてはできないこと(PTA役員、子どもの習い事でのことなど)に時間を使うことができた」
「収入がなくぜいたくができなくても、家庭をおろそかにするほうが罪悪感」