インタビューに応じる斎藤('19年)

アッ、やられた! と思いましたが、息子が実際にそんなことをしていなかったことがわかってよかったと安堵したところもありました

 そう苦しそうに、なんとか声を振り絞る俳優の斎藤洋介。

 警察庁によると、オレオレ詐欺をはじめとする“特殊詐欺”の日本全国における昨年の認知件数(警察など捜査機関によって犯罪の発生が認知された数)は、1万6493件、被害額は356億円。

※特殊詐欺とは、振り込め詐欺(オレオレ詐欺、架空請求詐欺、融資保証金および還付金詐欺の4類型)とそれ以外の振り込め類似詐欺をいう

 東京都内では3913件で過去最多に。そのうちオレオレ詐欺は約2107件で被害額は53億円─そのうちの1人に斎藤も含まれていた。

 昨年末のある日の夕方のこと。斎藤の妻のケータイに1本の電話がかかってきた。相手は“斎藤の次男”を名乗る男。まさに「オレだけど」と話しだしたという。電話を受けた際、妻は非通知だったことを不審に思い、電話口の男を問いただした。

「あなたのケータイからじゃないよね。どうしたの?」

 それに対し男は「ケータイは落としてなくした」と話した。そこでいったん電話を切った。その後すぐ《新宿遺失物預かりのハシモト》と名乗る男から電話があり、公的機関の職員を思わせる役職のその男と話すことでケータイを紛失した問題は解決。すると改めて“オレ”から連絡が入る。斎藤は当時を次のように語る。

“未成年の女性を妊娠させてしまって、慰謝料を支払わなければならない”と。僕も電話を代わって話を聞いたんですが、電話の主が息子だと信じてしまったんですね

 まず、息子から非通知の電話という不審を第三者の登場で取り除き、その後、再び連絡をして金をせびるという、順を追った手の込んだ手口。

 最初に貸してくれと言われた金額は500万円だった。