'19年3月週刊女性の記者に『ポツンと一軒家』の魅力を語る所ジョージ

 これまで『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)のひとり勝ち状態だった日曜ゴールデンタイムに異変が起きている。

「テレビ朝日系の『ポツンと一軒家』が、3月10日放送回で番組過去最高となる平均視聴率17%を記録しました。『イッテQ!』を上回る快挙です」(スポーツ紙記者)

 同番組は人里離れた一軒家を訪ねて紹介する内容で、昨年10月に放送が始まった。

「日本各地の集落から離れた所にある一軒家を衛星画像のみを手がかりに探し、地元の情報を頼りにそこで暮らす人を調査します。MCを所ジョージさんが、レギュラーパネリストを林修さんが務めていますよ」(テレビ誌ライター)

アポなし直撃に所ジョージは──

 一見、地味にも思える番組がなぜヒットしたのか。コラムニストのペリー荻野氏は、

結末が予想できず、なぜここに住んでいるのかという謎解き要素があります。日本は狭い国だと思っていたら、“こんな場所に秘境があったのか”という発見も。ネットで検索したり、やたらドローンを飛ばしたりせず、近所の人に地道に話を聞くという、あえてアナログなやり方をしているのもポイントですね

 お笑い芸人が誰かをイジる番組が、コンプライアンス的にやりにくくなっているという背景もあるという。

「番組進行役の2人は、事情があってそこに住んでいる人たちを茶化したりしません。所さんご自身も趣味人ですから、好きなことをとことん突きつめている人に寛大です。林先生は、そこに人が住んでいる背景をわかりやすく解説します。進行役のバランスがとれているので、どんなに個性的な人でもうまく料理できるんです」(荻野氏)

 ヒットの理由をMC本人に聞くべく、3月中旬のお昼前に所の自宅を訪ねた。自宅の近くにある事務所から出てきた彼にアポなしの直撃取材!